天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天野忠幸准教授が分担執筆した『織田信長と本能寺の変』が出版されました。
 【歴史文化学科 歴史学研究コース】

天野忠幸准教授が分担執筆した『織田信長と本能寺の変』が出版されました。

藤田達生(編)、塙書房、2021年4月、 本体12,000 円+税

本書は織田政権の達成と限界点を、本能寺の変をキーワードに明らかにしようとするものです。

天野は「信長と畿内大名」を執筆しました。信長の家臣団編成は長く肯定的評価が与えられてきましたが、信長から離反したのは、明智光秀だけではありません。畿内近国では信長に対する謀反が、毎年のように起こっていました。むしろ、信長の家臣団編成は、大きな矛盾を抱えていたと考えるべきです。そうした視点から、本能寺の変に先立って、信長から離反した大和の松永久秀や摂津の荒木村重の織田政権内における位置づけを行いました。(天野忠幸)

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ