天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 卒業にあたって③
 【歴史文化学科 歴史学研究コース】

卒業にあたって③

2020年度の卒業生に、大学生活を振り返り将来の希望などを寄稿していただきました。第3回目は稲永恵美子さんです。


日々の努力の継続こそ

稲永 恵美子

天理大学での在学4年間を振り返り、私は、日々の努力の継続こそが、自らにとって最も大切な経験であったと学びました。

イスラエルでの発掘ボランティア、ふるさと会ご支援によるシチリア島研修への参加は、大学のご厚意による大変貴重な経験でした。しかしこれらは、大学での毎日の努力なくしては、有意義なものにならなかったと思います。日々の一つ一つの授業・課題に精一杯取り組み、それにより視野と知識を広げることが出来たからこそ、有益な経験になりました。またそれにより、大学の先生方・職員の皆さまからの温かいご支援にも、少しは応えられたのではと思っています。

「行動すること」をモットーとしている私でしたが、日々の努力により、行動を実りあるものにするのだと、この4年間の大学生活を通して学びました。これは大学を離れた社会においても、共通すると言えます。天理大学で学んだことを、また、大学から受けた多大なお力添えを忘れずに、これからも頑張っていきます。(進路先:THE JUNEI HOTEL Kyoto Imperial Palace West)

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ