天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 原 豊二 教授 著書『スサノオの唄—山陰地方の文学風景』が出版されました。
 【教職員の新刊案内】

原 豊二 教授 著書『スサノオの唄—山陰地方の文学風景』が出版されました。

原豊二 (著)、今井出版、2020年12月1日、1500円(税込)

日本の中心が山陰なら
文学はもっと面白くなる

文学や文芸は本当に不要なのか?
東京から米子に16年赴任した著者が、
今、改めて文化活動の価値を唄う

日本の古典文学を専門に研究を続ける著者が、
15年間書きためた様々な所感をまとめた一冊。

前半は山陰地方に関する和歌や古典籍について、後半はそこから
さらに大きく話を広げており、山陰地方在住の方、
縁の深い方に特におすすめの内容です。

文学や芸術などの文化活動は、人と人をつなぐ役割がある——
そんな著者の思いが綴られています。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ