天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 『月刊大和路ならら』の連載「新大和人物志」、松永久秀の特集に歴史文化学科教員が寄稿しました。
 【歴史文化学科 歴史学研究コース】

『月刊大和路ならら』の連載「新大和人物志」、松永久秀の特集に歴史文化学科教員が寄稿しました。

先月から連載が始まった『月刊大和路ならら』の「新大和人物志」。9月号の第2回は黒岩康博准教授による「高田十郎」です。奈良県師範学校の教員であり、郷土史家といわれるのを嫌って「随筆家」を自認した彼の姿に迫ります。
今号には、天野忠幸准教授が企画した「松永久秀」が特集されています。天野准教授が「乱世の英雄 松永久秀 総説」で全体を総括したほか、齊藤純考古学・民俗学研究コース教授が「ジャンジャン火の伝承」を寄稿しました。また、「達磨寺と立野の久秀墓伝承」を執筆した北葛城郡王寺町文化財学芸員・岡島永昌さんは、歴史文化学科卒業生です。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ