天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 新型コロナウイルスに関する注意喚起について(二回目)
 【天理大学の学生ならびに教職員各位】

新型コロナウイルスに関する注意喚起について(二回目)

新型コロナウイルス感染症について2月18日付事務連絡で文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課から「学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について」が発出されました。
感染症予防及び最新の関連情報の確認等の注意喚起として、下記の事項を確認いただきますようお願いいたします。

感染症予防に関する注意喚起

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、マスク着用など、感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

渡航・派遣について

学生及び教職員は、外務省が発表している感染症危険レベル3の「中国湖北省全域」、また「中国浙江省温州市」への渡航・経由は中止してください。また、中国のその他の地域に対しても感染症危険レベル2が出されています。不要不急の渡航・経由は止めてください。

帰国・入国される方について

帰国・入国時に発熱や呼吸器症状等がある場合は、必ず空港検疫に申し出てください。
帰国・入国時に特に症状のない方は、帰国・入国後2週間の健康観察を行ってください。
中国から帰国・入国してから2週間の間に発熱(37.5度以上)や呼吸器症状が出た場合、または渡航滞在歴のある人等と接触のある方で、発熱や呼吸器症状が出現した場合は、登校せず、ただちに「帰国者・接触者相談センター」、ならびに天理大学国際交流センター室に電話で連絡してください。
天理大学国際交流センター室 0743-63-9005

また、中国以外の海外から帰国された方も、数週間は健康状態に注意し、体調不良時は、滞在歴を申告のうえ医療機関へマスクを着用する等して受診し、帰国者・接触者相談センターへご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症と診断された場合について

新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令が施行されたことにより、感染症法に定める「第二種感染症」とみなされます。
新型コロナウイルス感染症と診断された場合、またはその疑いがあると診断された場合は、感染拡大を防ぐため、医師や保健所からの指示に従って療養してください。また、診断の結果について、学生は天理大学学生支援課に電話連絡してください。

●郡山保健所の電話相談窓口  電話番号 0743-51-0194
受付時間 平日 8時30分~17時15分

●奈良市保健所の電話相談窓口 電話番号 0742-93-8397
受付時間 平日 8時30分~17時15分

●奈良県庁の電話相談窓口   電話番号 0742-27-8561
受付時間 平日 8時30分~17時15分
土・日・祝 10時00分~16時00分

●厚生労働省の電話相談窓口  電話番号 03-3595-2285
受付時間    9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

●天理大学学生支援課 0743-63-8248

留意事項と問合せについて

外務省ホームページにおいて、新型コロナウイルス感染症の拡大状況や中国国内の交通規制、航空便の運休等の状況を踏まえ、中国に在留している日本人および渡航者に対して、日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急検討することが要請されています。
やむを得ず、中華人民共和国以外の国・地域に渡航・派遣する場合は、外務省、日本大使館等からの連絡が確実に受けられるよう外務省ホームページから在留届、「たびレジ」に渡航情報を必ず登録するなど情報収集を行ってください。また、今後の最新情報を確認の上、各自慎重な行動をお願いします。

【留学生派遣の場合】
国際交流センター室 
0743-63-9005

【クラブ海外遠征・その他学生の渡航の場合】
学生支援課 
0743-63-8248

【研究出張に伴う渡航の場合】
教育研究支援課 0743-63-9010

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ