天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 歴史学実習で香川県を訪問
 【歴史文化学科歴史学専攻】

歴史学実習で香川県を訪問

 2月10日、11日の2日にわたって歴史学実習で香川県を訪れました。この実習では、それぞれの地域の施設において、史料がどのように保存・活用されているのかを具体的に知ること、歴史の現場を見学することが大きな目的です。1日目には、まず公益財団法人鎌田共済会郷土博物館にお邪魔し、展示と登録有形文化財になっている建物を見学させていただきました。1922年に建てられており、同時期の天理大学1号館と本館図書館を足したようなイメージです。そのあと、瀬戸内を一望できる位置にある古代の山城(史跡城山)、灌漑施設として有名な満濃池を見学しました。2日目、早朝、雪の中、金刀比羅宮を見学した後、高松へ移動して、香川県立ミュージアムで施設を案内していただきました。今回の実習について、お忙しいなか、こころよく受け入れてくださりご案内いただきましたこと、感謝申し上げます。(幡鎌一弘・黒岩康博)

【参加記】
  2月10、11日に歴史学実習の研修旅行で香川県に行ってきました。香川県立ミュージアムでは、ふだん見ることができない博物館の裏側を特別に見学させていただきました。収蔵庫は徹底した温湿度管理がなされ、免震構造が施されていて、史料保存に細心の注意を払っていました。すごく勉強になり、貴重な体験ができました。(3回生 梶本晴寛)

  私は事前の準備で朝鮮式山城を担当し、実際に現場で石組を見ることで、あらためて当時の技術の高さを感じることができました。香川県は私の地元に近く身近に感じていましたが、このような機会でなければ見ることができないものが見学できて、非常に良い経験になりました。(3回生 谷井泰斗)

鎌田共済会郷土博物館。
史跡城山の石積にて。
満濃池の前で。
香川県立ミュージアムにて、案内いただいた御厨義道学芸員と。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ