天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第1回天理大学マンガ大賞 授賞式を開催
 【日本研究コース】

第1回天理大学マンガ大賞 授賞式を開催

十数カ国の留学生がマンガを制作。最優秀作品はモーションコミック化し、公開の予定

12月20日、本学情報ライブラリーUテラスで、天理大学国際学部主催の「第1回天理大学マンガ大賞」の授賞式が開催されました。
このマンガ大賞は、留学生を対象にした国際学部地域文化学科日本研究コースの授業(住原則也教授担当)において、プロのマンガ家の指導のもと制作されたマンガ30点の中から、最優秀作品1点、優秀作品2点、スポンサー特別賞(※)を選出したものです。

この授業は、今世界に広がっているマンガを制作することで、企画力、創造力、情報収集力など、創作に必要な資質を養うことと、マンガ制作を通じて、大学周辺地域での見聞を世界に発信してもらうことを目的にしています。

当日は、永尾教昭学長の挨拶に続き、山倉明弘国際学部長から、各賞の発表と賞状・副賞の贈呈が行われ、続いてマンガ制作の指導と審査委員長をつとめた金巻とよじさんの総評などを行いました。各賞の受賞者は次の通りです。
 

最優秀作品賞

チャンケオ カーンチャナーさん(タイ・ラーチャパット大学からの交換留学生)

優秀作品賞(統一テーマ)

チン タクケンさん(中国・華南師範大学からの交換留学生)

優秀作品賞(自由テーマ)

ヨウ シンヨさん(中国・北京師範大学からの交換留学生)

スポンサー特別賞

・ピシャール エリーズさん(フランス・オルレアン大学からの交換留学生)、
・パイオシェー アリスさん(フランス・天理日仏文化協会からの交換留学生)
・サンティアゴ ドゥラン チャスティティさん(メキシコ・プエブラ栄誉州立自治大学からの交換留学生)
マンガについては、2つのテーマで作成しました。一つは、天理市の「布留川のホタル再生プロジェクト」について。一つは、自由課題として奈良や天理のことについてです。
 
十数カ国の留学生がそれぞれのテーマに取り組み、素晴らしい作品ができあがりました。今や全世界に広がっているマンガ文化ですが、留学生たちが制作したマンガは力作揃いでした。
 
また、最優秀作品については、おそらく大学の授業としては日本初の「モーションコミック」というマンガの新しい表現形式にして、後日、本学ホームページなどで公開する予定です。
 
※本大賞のスポンサーである、株式会社アートマン計画事務所による特別賞

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ