天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 剣道部 第30回関西女子学生剣道新人大会 個人戦で優勝
 【剣道部】

剣道部 第30回関西女子学生剣道新人大会 個人戦で優勝

 剣道部 東畑百香(体育1・奈良大学附属)選手が、第30回関西女子学生剣道新人大会(11月26日・近畿大学記念会館)個人戦で優勝を果たした。
 この大会での優勝は、本学では16年ぶり3人目。
 
 この大会は大学1年生と2年生が対象で、145人がエントリーしトーナメント戦でおこなわれた。
 東畑選手は、一回戦から四回戦まで順調に勝ち上がり、準々決勝では、「警戒して臨んだ」と本人も振りかえるとおり、ポイントとなる対戦となったが、一本勝ちで準決勝に進んだ。準決勝は延長戦までもつれたものの、小手を決め勝利し決勝に進む。決勝ではお互いに手の内を知り尽くす相手との対戦となり、延長戦の末、小手を決め勝利し見事に優勝を飾った。
 
〇東畑百香選手の話
 個人戦のデビュー戦で優勝という結果を残せたことは、とても自分の自信にもなったし、励みにもなる。この大会で優勝し、少しプレッシャーは感じるが、今後の大会でも結果を残していきたい。次に出場する全日本学生剣道オープン大会では、一試合一試合大事にして優勝をめざしてがんばりたい。
 
 
〇軽米克尊 剣道部監督の話
 ひとまず、結果が出て良かったと感じている。これからまだ3年間あるので、がんばってもらいたい。器用な選手で、他の選手は反応できないところを、見逃さずきちんと打っていけるところが強みだ。
 本人もこれを励みにがんばっていくと思うが、他の部員に与える影響も、この優勝は大きい。剣道部全体にいい影響を与えてくれた優勝だ。
 

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ