天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 「天理わくわくショップ」をてんだりーcolorsで開催!
 【社会福祉専攻】

「天理わくわくショップ」をてんだりーcolorsで開催!

市内の障害者就労支援施設が商品販売などを行う

 天理大学社会福祉専攻と天理市自立支援協議会は12月18日、天理本通り商店街のてんだりーcolorsで「天理わくわくショップ」を開催した。

 現在、市内の障害者就労支援施設などで作られる商品は種類・量とも豊富だが、認知度は高いとは言えない。また、障害を持つ人の工賃アップなどを図る上でも、活動の啓発、商品の販路拡大など、市内における就労支援ネットワークを構築する必要があった。その実現に向けて、本学社会福祉専攻と同協議会は以前から協議・検討を続けてきたが、今回の「天理わくわくショップ」開催がその第一歩となった。 

フィエスタ・メヒカナ(メキシコ祭り) 模擬店

 この日店頭では、施設などで作られたパン、クッキーなどの食品類をはじめ、農産物、靴下などの販売を行う一方、店内では来場者との交流会・体験コーナーとして、午前中は靴下編みの実演、午後からはクレープ作りなどを行った。また、各施設や同協議会の活動内容の展示も併せて行った。

【今回、事務の中心的役割を担った天理市社会福祉課の大野京子さんの話】
 天理市自立支援協議会で就労について検討しているが、今日はチラシも配布したので、理解が広がることを期待している。また、こういう機会を通じて福祉施設職員を目指す学生が増えることを望んでいる。今後は、この商店街にアンテナショップを出せないかと考えている。

【社会福祉専攻・渡辺一城准教授の話】
 夏前から協議を始め、今回のイベントを迎えることができた。施設の活動に対する理解がより多くの一般の方へと広がっていくよう今後も取り組んでいきたい。

【運営の補助にあたった学生の話】
 施設の方とかかわることで一般の方にその活動内容を知ってもらえるので、いいイベントだと思う。複数の施設が共同して常設店でもできればさらにいい。

 

てんだりーcolors関連情報

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ