天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 弓道部 住吉大社全国弓道大会でダブル優勝
 【クラブ活動】

弓道部 住吉大社全国弓道大会でダブル優勝

 遠的弓道の大会である住吉大社全国弓道大会が5月1日、住吉大社特設遠的射場にて行われ、弓道部が学生男子の部(団体、個人)でそれぞれ優勝を果たした。
 同大会での弓道部の団体優勝は今回が初めて。
 団体戦で優勝したメンバーは、鈴木宏英(文学部3年、写真右)、真浦一騎(国際文化学部3年、同中央)、橋本高寛(国際文化学部3年、同左)の3人。うち鈴木は、団体戦で優秀な射的を行った者が※射詰方式で勝ち残る個人の部でも優勝。
 
 団体戦で優勝に貢献した真浦副主将は、「チームのかけ声と、射的が力になった。この優勝を5月末の関西選手権大会(近的)にもつなげていきたい」と語った。

 また、個人戦で優勝した鈴木は、「個人戦で賞を取ったのは、今回が初めて。優勝は自信になりました。今後さらにチームを盛り上げていきたい」と語った。

※射詰(的中した者のみが勝ち残っていく方式。的を外した者は基本的にその時点で競技終了となるが、全員が外した場合には再度的を射ることができる。)

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ