天理大学

教職科目(非常勤)教員・研究者情報

歴史文化学科

非常勤講師 藤井 智康(フジイ トモヤス) FUJII Tomoyasu
このページを印刷

基本情報

学位 博士(理学) 岡山理科大学
担当科目 自然地理学概論
シラバスを見る
(受講対象者別)

研究活動詳細

論文

  • 港湾域の貧酸素水塊の形成と解消方法の検討 (共著),土木学会論文集B2(海岸工学),70:I_1151-I_1155,I_1151-I_1155 2014年11月
  • 大阪湾東部の二酸化炭素の放出・吸収量 (共著),土木学会論文集B2(海岸工学),69:I_1111-I_1115,I_1111-I_1115 2013年11月
  • Analysis of Seawater Run Up in the Yodo River Estuary,  (共著),Proceedings of EMECS 10- MEDCOAST 2013 Joint Conference , 2:1225-1235 2013年
  • 大阪湾奥部の二酸化炭素の長期連続観測 (共著),土木学会論文集B2(海岸工学),68:I_1061-I_1065,I_1061-I_1065 2012年11月
  • Water and TP Budgets Analysis Including Submarine Groundwater Near the Intertidal Zone,  (共著),The Twenty-second(2012)International Offshore and Polar Engineering Conference:821-825 2012年
  • 港湾等の強閉鎖性海域の貧酸素水塊の発生機構と動態 (共著),土木学会論文集B2(海岸工学),66:1046-1050 ,1046-1050  2010年11月
  • 奈良公園内池におけるアオコ発生・消滅条件 (共著),奈良教育大学紀要,57,2:41 -47 ,41 -47  2008年10月
  • 長良川河口域におけるADCPを用いた流動観測 (共著),奈良教育大学紀要,57,2:33-40,33-40 2008年10月
  • 春日山原始林内の小河川における水質特性 (共著),奈良教育大学紀要,55,2:9-18,9-18 2006年10月
  • 大橋川を遡上する貧酸素水塊の実状と宍道湖に及ぼす影響 (共著),LAGUNA(汽水域研究),13:1-7,1-7 2006年
  • 岡山県日生におけるアマモ場の物理特性及び自立再生に関する研究 (共著),奈良教育大学紀要,55,2:19-27,19-27 2006年
  • 貯水池下流部に堆積した微細粒土砂の巻き上げ特性に関する実験的研究 (共著),水工学論文集,50:926-930 2006年
  • 大橋川における高塩分水塊の遡上現象 (共著),LAGUNA(汽水域研究)10:35-45 2003年
  • Relationship between Internal Oscillation and Movement of Anoxic Water Mass in a Connected Brackish Water Regions - Lake Nakaumi and the Ohashi River, (単著),Jpn.J.Limnol.,58:1-12 ,1-12  1998年
  • Relationship of internal waves with tidal and wind drift effects and propagation of internal Kelvin waves in a brackish lake - Lake Nakaumi.  (単著),Jpn.J.Limnol.,58:241-260.,241-260 1997年
このページの先頭へ