天理大学

韓国・朝鮮語専攻

韓国・朝鮮語専攻の留学

 本専攻では、毎年1年間、協定校である韓国外国語大学、江原大学と留学生の交換派遣を行っています。例年、7~8名の本学学生が韓国の大学で学び、韓国からも同数の留学生が本学にやってきます。
 日本語専攻にも韓国からの留学生が在学しており、学内のどこででも韓国からの留学生に会うことができる恵まれた環境にあります。

1年間、韓国に留学しながら4年間で大学を卒業できます!!

 本学には交換留学制度のほかに、認定留学という制度もあります。所定の手続きを経て認定を受ければ、奨学金が支給されるだけでなく、海外の教育機関で履修し取得した単位が本学開設の授業科目として認定されます。
 これらの制度を利用すれば、1年間、韓国に留学しながら4年間で大学を卒業できます。

全員留学!(海外語学実習)

 1年間を一つの単位とする交換留学や認定留学のほかに、本学ならではの科目として「海外語学実習」があります。
 「海外語学実習」は2年次配当の必修科目なので、本専攻の学生全員が参加し、約3週間にわたって現地にわたって言葉はもちろん、韓国・朝鮮のいまを学ぶことになります。
 本年度の「海外語学実習」は2011年7月31日出発。8月20日に全員元気に帰国しました。
 協定校である韓国外国語大学校で言葉と文化を学び、また各地の名所や歴史遺跡などをめぐって、充実した時間を過ごしました。
 韓国外国語大学校では、午前に言葉をしっかり学び、午後には伝統楽器の演奏やキムチ作りなど、様々な文化体験をしました。
仏国寺多宝塔(慶州)は韓国を代表する文化財の一つ。10ウォン硬貨にも描かれています!

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ