天理大学

天理大学の国際交流について

保険制度・補償制度

 留学生は、必ず「国民健康保険」(「国保」)に加入しなければなりません。医療費のことで分からないことがあれば、留学生支援課にお尋ねください。
留学生支援課は、杣之内キャンパスの3号棟1階にあります。

国民健康保険制度(「国保」)

  日本では、保険に入っていないと病気や怪我の治療の際、高額の医療費がかかり、留学生活を続けることが経済的に困難になることもあります。したがって、1年以上在留する留学生は、「国民健康保険」(「国保」)に加入することが義務づけられています。
 国保への加入手続きは、外国人登録を行った市役所や区役所の国民健康保険担当課で行います。外国人登録を行う際に一緒に手続きをすると良いでしょう。住所などが変わった場合は変更後14日以内に、帰国する場合は帰国前に、国保担当課に届け出てください。
 毎月の保険料は、市役所・区役所ごとに多少異なります。アルバイトなどで所得が多くなると支払額も増加します。また、所得がない場合、申請すれば減額を受けることができます。国保担当課で相談してみてください。
 病院で診療を受けたり、薬局で薬剤の処方を受けたりするとき、保険証を提示すると、保険対象となる医療費総額のうち30%を支払うだけで、診療または薬剤の処方を受けることができます。残りの70%は国保が負担してくれます。

留学生住宅総合補償

 日本で民間アパートを借りる場合、保証人が必要になります。日本国際教育支援協会(JEES)の留学生住宅総合補償は、万一の火災などに備える「住宅総合 保険」と保証人に迷惑がかからないようにする「保証人補償基金」を合わせたものです。留学生がこの補償制度に加入することで、保証人の精神的負担を軽くし、保証人を引き受けやすくします。保険料はAコース(1年間)が4,000円、Bコース(2年間)が8,000円です。加入手続きや保険金請求は天理大学留学生支援課で行います。
このページの先頭へ