天理大学

  1. HOME
  2. カウンセリングルーム
  3. 心理療法について
カウンセリングルーム

心理療法について

発達障害を抱えているお子さんと保護者の方へ

  関係発達支援の立場から、お子さんには治療者が一対一で関わり、遊戯療法を行います。そのなかで、他者との関係性へと開かれることを通して、発達全般を促すことを目指します。また、必要に応じて、発達検査を実施します。 保護者の方とは、家庭での関わり方をともに考えていきます。

さまざまな悩みを抱えているお子さんと保護者の方へ

  友達とうまく関係がもてない、学校に行けない、人前で話せない、人が怖い、過度に食べて止められないなど、子どもはさまざまな悩みを抱えています。当ルームでは、遊戯療法や個人心理療法を通して、そうしたお子さんの心の成長を目指します。 保護者の方とは、お子さんへの関わり方をともに考え、必要であれば、保護者の方との心理療法も行います。

大人の方へ

  ご自身のこと、ご家族のこと、お仕事のことをはじめ、人生のさまざまな局面で出会う心の葛藤や問題にお困りの方との心理療法を行っています。箱庭療法の設備も整っています。
このページの先頭へ