天理大学

キャンパスライフ詳細

人権に親しむ

ヒューマンライツ助成制度

教職員・学生のみなさんへ

 本学では、従来の人権啓発の手法や体制等を抜本的に見直し、平成15年度より、各セクションで主体的に人権意識の啓発を行ってもらうなど、「あらゆる教育の場と機会、あらゆるセクションの活動に組み込み展開」することを目指しています!
 そこで、「人権啓発プラン」にもとづき「人権啓発年間テーマ」を策定し、「ヒューマンライツ助成制度」を設けています!
 「人権」とかまえるのではなく、教職員・学生みんなが、不安なく『いきいき』と働き、学べる、そんな大学をめざすこと全てが「ヒューマンライツ」につながるというスタンスで、諸活動を日常的に展開していきましょう!

ヒューマンライツ助成制度の利用方法

○人権啓発行事の助成金額は、1件につき、上限3万円です。
○人権啓発行事については
☆学生は、事前に「集会・行事開催届」と「ヒューマンライツ助成制度 人権啓発行事企画申請書」に必要事項ご記入の上、学生支援課へご提出ください。
☆教職員は、事前に「ヒューマンライツ助成制度 人権啓発行事企画申請書」に必要事項ご記入の上、庶務課(研究棟1階)へご提出ください。
人権教育推進会議(以下、本会議という)にて審査をさせていただき、助成の可否をご連絡いたします。

※上記「開催届」は学生支援課、「申請書」は、学生支援課、学生ホール、庶務課(研究棟1階)等においています。「申請書」の助成希望内容には、費用や施設・設備・備品借用など、希望される内容をご記入ください。

○人権啓発行事開催後は、「ヒューマンライツ助成制度 人権啓発行事実施報告書」に必要事項をご記入の上、「レポート」や「領収書類」を添え、庶務課(研究棟1階)へご提出ください。報告いただいた内容は、年度末の本会議においてまとめ、全学に向け発信する予定です。

※上記報告書用紙は、助成対象と決定した後、庶務課よりお渡しします。

上記以外にも、日常の諸活動の中で…

学科会、クラブ、学寮等の場面においても、意識して取り組んでください。

人権啓発に関するご提案等

○人権啓発の内容
 本年度は「わかりあい・みとめあい」のテーマのもと『性差と家族に関する課題』を年間重点課題として掲げています。
しかし、これらにとらわれることなく女性、子ども、高齢者、外国人、同和問題などの個別問題のほか、環境、健康、生命、陽気ぐらしの希求なども取り入れ、幅広く・柔軟にお考え下さい。

○人権啓発の形態
行事として行う場合は、パネルディスカッション、講演、報告と自由討議、現地研修、参画型学習、公開授業等が考えられます。
※本件に関するお問合せ先は、庶務課(研究棟1階)です。
電 話:0743-63-9001
E-mail:jinken@sta.tenri-u.ac.jp
このページの先頭へ