天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第255回トーク・サンコーカン『関西本線の盛衰—関西鉄道の奮闘と駅弁ラベルから垣間見える現状—』
 【附属天理参考館】

第255回トーク・サンコーカン『関西本線の盛衰—関西鉄道の奮闘と駅弁ラベルから垣間見える現状—』

日時 2017(平成29)年9月30日(土) 午後1時30分から
場所 天理参考館 研修室
講師 乾 誠二 天理参考館学芸員

明治22年に営業を開始した関西鉄道は名阪間を結ぶ重要な幹線で、官設鉄道と熾烈な貨客獲得競争を繰り広げたことが知られています。明治40年の国有化後は、東海道本線の補完的な路線、限定的な地域路線となっていきました。路線図や時刻表等の資料からその歩みをたどるとともに、駅弁ラベルから関西本線の現状について見てみます。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ