天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 「全日本学生ホッケー選手権大会」、19年ぶりの男女優勝報告
 【学長室ニュース】

「全日本学生ホッケー選手権大会」、19年ぶりの男女優勝報告

「全日本学生ホッケー選手権大会」(11月2日~6日:東京・大井ホッケー競技場)において、19年ぶりに男女そろって優勝に輝いた天理大学ホッケー部が、11月9日、永尾教昭学長のもとを訪れ、優勝報告を行いました。
 
優勝報告は、天理大学本館(研究棟)第一会議室において行われ、男女ホッケー部員の代表者8名と、井上昭洋部長、穴井善博男子部監督、長谷部謙二女子部監督、湯田ひとみ女子部コーチが、試合結果や優勝にまつわるエピソードなどを永尾学長に報告しました。
 
懇談の席で永尾学長は、「19年ぶりの男女優勝という大活躍に感慨も一入です。ホッケー部はこれまでにも各種大会で優勝していますが、今回のこの優勝は、皆さんの日々の精進のたまものであり、この優勝を誇りにしてこれからの人生を歩んでいってほしいと思います。」と選手たちを讃えた後、「本学には様々なスポーツのクラブがありますが、ホッケー部も天理大学にとってはかけがえのないクラブであります。来年は、男女ともに大会連覇を目指して頑張っていってほしいと思います。」と激励しました。
穴井善博男子部監督コメント
「7月に全日本大学王座の決勝で負けてから、守備の強化を中心として練習に励んできました。選手たちは、日々努力を重ねて本当に頑張ってくれたと思います。まずは、全日本での勝利を目指し、来年は全日本学生ホッケー選手権大会3連覇を目標に頑張ります。」

長谷部謙二女子部監督コメント
「この19年間、決勝戦に進みながらもなかなか優勝できませんでした。あと一歩に届かないなか、今年の4年生は、試合中のプレーにおいても生活面や練習におけるサポートにおいても、裏方の仕事をチームのために一生懸命やってくれました。そういった面も含め、様々な努力や皆で切磋琢磨してきた結果が7月の全日本大学王座での優勝、そして今回のインカレ優勝にもつながったと思います。卒業生たちも非常に喜んでくれ、私もとても嬉しいです。今後の試合も引き続き頑張ります。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ