天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 岡田副学長らが橿原市の亀田市長(本学卒業生)を表敬訪問
 【お知らせ】

岡田副学長らが橿原市の亀田市長(本学卒業生)を表敬訪問

10月におこなわれた奈良県橿原市長選で、本学卒業生の亀田忠彦氏(体育、1995年卒)が初当選したのを受け、12月5日、天理大学の岡田龍樹副学長、小島洋学長室長、岩﨑吉博広報・社会連携課長らが、橿原市役所に亀田市長を表敬訪問しました。

亀田市長は、本学を卒業後、奈良県内の高校や中学校で講師を務めた後、衆議院議員の秘書を17年間務め、その後、奈良県議会議員を経て、この度、橿原市長に当選されました。

亀田市長は選挙活動中、天理大学の卒業生から多くの応援の声をいただき、とても心強く感じたと話し、また、学生時代を振り返りながら、所属していたサッカー部での活動はもちろんのこと、天理大学で学んだ様々なことが、今の自分に役立っていると語りました。
岡田副学長は、天理大学が天理市と様々な活動をおこなうなど、地域連携にも取り組んでいることを紹介し、先般、本学の学生と地元の商店が協同で開発した菓子「麩ろったん」を手渡し、今後、橿原市とも様々な取組をおこないたいとの希望を述べました。それを受け、亀田市長も様々な取組で天理大学と協力していきたいと語りました。
また、亀田市長は、今回の橿原市長選での自身の経験を踏まえ、「人生は1度きりなのでどんどんチャレンジをしてもらいたい」と、後輩の学生たちにメッセージを送りました。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ