天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 関西大学ラグビーAリーグ 開幕四連勝
 【ラグビー部】

関西大学ラグビーAリーグ 開幕四連勝

 11月4日、天理親里ラグビー場で2019関西大学ラグビーAリーグの第4節が行われ、天理大学は近畿大学と対戦し、68対13で勝利しました。
試合序盤、近畿大学にトライとゴールを奪われ、さらにペナルティキックも決められるなど、10点をリードされる展開となりました。

前半14分、LOアシペリ・モアラ選手(国際2・日本航空石川)が突破し、SO松永拓朗選手(体育3・大阪産業大学附属)がオフロードパスを受け、トライ。ゴールも自ら決め、7対10と追い上げます。

前半17分、天理大学は敵陣右ゴール前でモールを組み前進。CTBシオサイア・フィフィタ選手(国際3・日本航空石川)がモールから抜け出し逆転のトライ。ゴールも成功し、14対10と逆転に成功しました。

さらに天理大学は、前半25分、ゴール前ラックからFL松岡大和選手(国際3・甲南)が持ち出し中央にトライ。天理大学は前半32分、前半41分にもトライを奪い、35対13で前半を折り返しました。

後半開始直後、敵陣ゴール前でSH藤原忍選手(体育3・日本航空石川)が相手スペースを衝いた巧みなキックでボールを進めると、インゴールに飛び込んだキャプテンのFL岡山仙治選手(国際4・石見智翠館)が、ボールを押さえ込みトライを奪いました。

続いて後半5分には、ラインアウトからモールで一気に前進し、HO北條耕太選手(体育4・天理)が持ち出しトライ。さらに後半9分、中央スクラムから左へ展開し、シオサイア・フィフィタ選手から藤原選手がパスを受け、快足を飛ばしトライを決めるなど、後半5つのトライを奪い、結果、68対13で天理大学は勝利し、開幕4連勝を飾りました。

岡山 仙治主将コメント

「前半トライを奪われたが、試合前に焦らずプレーすることをミーティングしていたので、厳しい状況を楽しむ事を試合中選手全員に声を掛け、次に繋げるプレーができていた。今日は、応援の方がとても多かったので、嬉しい気持ちで試合に挑めました。応援がとても大きな力になると思いますので、次の試合も応援よろしくお願いいたします。」

小松 節夫監督コメント

「試合の序盤に点を取られ、スクラムでも最初はプレッシャーを受けていましたが、選手たちは落ち着いて修正しスクラムからゲームを崩されずに済んだので、その点は良かったと思います。リーグ戦中断中の6週間は、日本一に向けてフィジカル面やセットプレーの安定感を、もう一段レベルを上げようと意識して練習に励みました。今日初めてメンバーに入った選手もいるように、特に先発メンバーを固定している訳ではないので、選手間の競争を自身のチャンスと捉えて欲しいと思っています。」
 ○今後の試合予定

・11月9日(土)14:00 花園Ⅱ
天理大学 対 立命館大学

・11月17日(日)14:00 皇子山
天理大学 対 同志社大学

・11月30日(土)14:00 西京極
天理大学 対 京都産業大学

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ