天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. ラグビー部 明治大学に勝利(2018ラグビー スプリングカーニバル IN 奈良)
 【ラグビー部】

ラグビー部 明治大学に勝利(2018ラグビー スプリングカーニバル IN 奈良)

5月27日、2018ラグビー スプリングカーニバル IN 奈良が、天理親里ラグビー場で開催され、天理大学ラグビー部は明治大学ラグビー部と対戦し、天理大学が24対17で勝利した。
試合は、天理大学が前半17分ゴール前のラックから左に展開し最後はWTB久保直人(体育4・天理)がトライを決め5点を先制。SO松永拓朗(体育2・大阪産業大学附属)のゴールも成功し7対0。明治大学の反撃にも天理大学は厳しいタックルでディフェンスを続けたが、33分に明治大学にトライを許し7対5となる。前半のロスタイム、天理大学はFB前田翼(中国語4・大阪産業大学附属)がトライを決め、ゴールも成功し14対5で前半を終えた。

後半開始2分、No.8ファウルア・マキシ(日本語4・日本航空石川)がトライを決め19対5とリードを広げるが、8分に明治大学にトライを奪われ19対10。22分ゴール前のラインアウトのモールからHO島根一磨(体育4・天理)がトライを決め24-10と再度リードを広げた。34分に明治大学に追加点を許し24対17とされるが、最後まで守りきり24対17で天理大学が勝利した。

小松節夫監督のコメント

試合前は主力選手も不在で厳しい試合になると考えていたが、流れもよく特にディフェンスが良かった。今日はセットプレーとタックルを重視していたが収穫はあった。それでも、アタックの継続ができていないところは修正したい。今の時期に天理で関東の強豪校とファーストジャージで試合ができ、勝てたことは選手たちには良い経験になった。今後も関東の強豪校との試合があるのでがんばりたい。

島根一磨主将のコメント

今日は春シーズンのゲームの中でターゲットゲームとしての試合なので、自分たちの中で良い経験にもなったし自信にもなった。次の試合は自分たちのアタックを継続してトライをとることが課題。今年のチームの目標は、関西リーグ3連覇と日本一。昨年も日本一を目指し悔しい思いをした。自分たちに足りなかったのは、試合の中で修正がきかなかったことで、今それに対してフォーカスし、プレーの中で客観視していくことをポイントにして日本一を目指しがんばっている。応援よろしくお願いします。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ