天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第29回夏期日本語講座が開講 -8カ国地域から67人が参加
 【留学・国際交流】

第29回夏期日本語講座が開講 -8カ国地域から67人が参加

7月8日午前9時30分から、杣之内キャンパスの9号棟において「第29回夏期日本語講座」の開講式が行われ、7月20日までの13日間の講座がスタートした。 
 今年は8カ国地域から67人が参加。内訳は韓国・釜山大学校8人、台湾・中国文化大学13人、慈済大学3人、国立台東大学4人、中国・北京師範大学4人、蘇州大学1人、タイ・マハーサーラカム大学7人、スペイン・サラマンカ・ポンティフィシア大学4人、ウクライナ・キエフ大学11人、天理日仏文化協会5人、NY天理文化協会7人である。
 
プログラムは午前中に日本語のレベルに合わせた授業を行うほか、天理大学の日本語講座の特色である「日本の歴史の源流を訪ねる」として、天理の黒塚古墳・明日香村石舞台古墳・京都への校外学習のほか、着物文化体験、本学の弓道・合気道・茶道各部のクラブ体験など。「日本の今を楽しむ」として大阪のUSJを楽しむプログラムが用意されている。
受講生は日本の梅雨の暑さにも負けず、精力的にプログラムに取り組んでいる。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ