天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天理市行政施策貢献学生に2名が認定
 【生涯教育専攻】

天理市行政施策貢献学生に2名が認定

天理市と天理大学は、昨年4月に「天理市と天理大学との包括的連携に関する協定」を結んでいるが、その連携の一環として、このたび「天理市行政施策貢献学生認定制度」が創設された。

天理市と大学、企業代表者による認定審査委員会が審査を行い、制度創設第1回目の貢献学生として2名が認定され、7月29日、天理市役所特別会議室に於いて認定式が行われた。
趣旨説明に続き、並河天理市長より人間学部人間関係学科生涯教育専攻4年の池田太樹さんと同専攻4年菅野紗矢香さんに認定書が授与された。

二人は、天理市福住校区などの活性化を目指す取り組み「高原地区街づくり協議会」の委員として、地域の魅力ある街づくりを検討する会合に参加し、空き家の利活用策や、特産品の創出を話し合うなど、積極的に参加・交流したことなどが評価された。

授与された学生は、「天理市で育ってきたが、今まで知らなかった地元の問題などを知る機会になった。学生の目線でいろいろな意見を述べることができたと思う。今後は、具体的な施策に関わって行ければ」と語った。


クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ