天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 奈良県明日香村と相互連携に関する協定を締結
 

奈良県明日香村と相互連携に関する協定を締結

  10月1日、本学創設者記念館において、「明日香村と天理大学との相互連携に関する協定書」の調印式が行われた。
 始めに岡田龍樹人間学部教授より連携の趣旨について説明がなされたあと、森川裕一村長、飯降政彦学長が協定書に署名した。
 今後、本学の教育・研究および国際交流も含めた人的交流など、さまざまな面で活発な連携が期待される。

森川裕一 明日香村村長

 明日香村はキトラ古墳や高松塚古墳もあり、日本国始まりの物語のようなものを持っている地。

天理大学は、歴史、国際交流など、人材と知財を持っており、おもしろい地域連携を行っていくことができるのではと考えている。

飯降政彦学長

これまでに明日香村の歴史的資源の調査研究に本学教員も携わっており、また、明日香村と交流のあるシンガポールの名門高校ラッフルズに村の子どもたちと本学の柔道部の学生が訪問するなどのつながりがあった。今回の協定は、本学の教育・研究にも大きくプラスになると確信している。今後も明日香村の発展に寄与させていただきたい。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ