天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 《研究室だより》第4回公開研究会を開催
 【中国語専攻】

《研究室だより》第4回公開研究会を開催

11月27日、山本和行氏(人間学部 総合教育研究センター 講 師)に、「植民地台湾への教育勅語の「導入」と「受容」-学校儀式に着目して」というテーマで講演いただいた。明治期の日本にとって、対外戦争を通じて初 めて獲得した台湾の統治をどのように進めるのかという課題は、確固とした方針も定まらないまま対応せざるを得ないものであった。それゆえに台湾における教 育方針も統治開始当初から手探りの状態で進められた。そのなか1895 年の台湾領有のわずか5 年前に発布された教育勅語の位置づけも曖昧なままであった。教育の理念としての教育勅語が植民地統治のなかでどのようにして位置づけられていったのかを、 学校儀式の導入と受容という観点から、丹念な資料調査により詳述された。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ