天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 《学生の活躍》ESS部、五外大英語弁論大会、5年連続団体優勝!
 【英米語専攻】

《学生の活躍》ESS部、五外大英語弁論大会、5年連続団体優勝!

 第41回五外大英語弁論大会が12月8日、関西外国語大学中宮キャンパスで開催され、ESS部の鳥羽春さん(臨床心理専攻1年)、辻井大望君(英米語専攻1年・写真左)、佐藤樹さん(英米語専攻1年)の3人が出場し、鳥羽さんが2位、辻井君が3位に入賞し、出場者の合計点で争われる団体賞でも見事5年連続優勝を果たした。ちなみに、結果発表では1位を受賞した大阪大学のスピーカーと2位の鳥羽さんは極めて僅差だったことが報告された。

3位入賞を果たした辻井君は “Importance of Face-to-Face Communication”と題したスピーチを披露。現在、Facebook、Lineなどのインターネットを通じたSNS(Social Networking Service)が若者たちのコミュニケーションのあり方を大きく変えているが、人と人が直接対面して行うコミュニケーションも同時に大切であるというメッセージを伝えた。「受賞よりも、準備段階から大会当日まで、先輩をはじめとする仲間が支えてくれたことが嬉しかった。皆に感謝したい。この機会を通じって英語がさらに好きになったが、より一層英語力の向上に努めたい」と喜びを語った。ESS部部長の吉田研登君(地域文化学科3年・写真右)も「5年連続団体賞を受賞できたことは、天理大学ESS部の実力の高さを示していると思います。ESS部員全員で、一層の活躍を目指します」と抱負を述べた。

五外大弁論大会は関西の大阪大学(旧大阪外国語大学)、神戸市外国語大学、京都外国語大学、関西外国語大学と本学の5大学のESSからそれぞれ3人ずつ出場し、個人戦と団体戦で競うもので、英語力向上と大学間の親善に大きな役割を果たしている。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ