天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. “学生書道のグランプリ”で書道展賞受賞
 

“学生書道のグランプリ”で書道展賞受賞

書道部・濱松さん、漢字部門で書道展賞を受賞!

 8月29日、“学生書道のグランプリ”「第15回全日本高校・大学生書道展(読売新聞社、公益社団法人日本書芸院主催)」が大阪国際交流センターで開催され、書道部の濱松優香さん(中国語専攻1年)の作品が、漢字部門で大賞に次ぐ書道展賞を受賞した。
 この書道展は、世界に誇る優れた伝統文化「書」の発展と次代を担う若者の育成のために創設されたもの。学生対象の公募展としては、最高水準を誇り、全国から多くの出展がある。

 濱松さんが書道を始めたきっかけは、小学1年生のときに書道を教えてくれた祖母の影響から。以後13年間、書道の上達を目指し、精進を続けてきた。

 今回の受賞作品は、2×8尺(60.6×242.4㎝)の画仙紙に107文字の漢詩を臨書。作品出展に伴い、約1カ月間、創作活動に取り組み、見事書道展賞を受賞した。

 濱松さんは今回の受賞について「今までの努力が、受賞という形で結果になったことをうれしく思う」と感想を述べた。また、今後の目標について「書道部として出展する『学生書道展』での入賞と、来年の『全日本高校・大学生書道展』で、今回の成績を上回る『大賞』を受賞したい」と抱負を述べた。

関連情報

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ