天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 雅楽部、天平行列に華
 【クラブ】

雅楽部、天平行列に華

第一次大極殿前庭で初上演。5月9日も出演予定!

 本学雅楽部は5月3日、平城宮跡会場で開催中の平城(なら)遷都祭2010(5月1日~9日)の「1300人の天平行列」に伎楽隊で出演し、全国から訪れた多数の来場者から大きな喝采を浴びた。

 雅楽部の出演も恒例となったこの平城遷都祭は、2004年から毎年この時期に開催されているが、本年が遷都1300年に当たることから、平城遷都1300年祭・春のフェア(4月24日~5月9日)の中核的なイベントとして、例年より長期間かつ大規模に開催され、天平行列も1300人規模の壮大な天平絵巻となった(実際は1500人)。

 当日、多くのメディアや来場者が見守る中、1300人の天平行列は平城宮跡内・東院庭園からと佐伯門からの二手に分かれて出発し、第一次大極殿前庭をめざした。雅楽部学生34人は、東院庭園からの行列の先頭集団に伎楽隊として参列し、伎楽「行道(ぎょうどう)」を奏でる一方、同部OB16人も同じ行列のやや後方に加わり、林邑楽(りんゆうがく)「陪臚(ばいろ)」を奏でた。また、行列全体のBGMには同部演奏のCDが使用された。

 第一次大極殿前庭に入った後、大極殿前での初上演として、同部学生が伎楽「呉女(ごじょ)」を披露。その後、OBも林邑楽を上演し、来場者から大きな拍手喝采が起こった。

 なお、同部の天平行列への次回の出演は、5月9日の予定。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ