天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 2009年世界柔道選手権、穴井隆将、銅メダル獲得
 【体育学部】

2009年世界柔道選手権、穴井隆将、銅メダル獲得

 柔道の体重別世界王者を決める2009年世界柔道選手権大会(オランダ/ロッテルダム)の100kg級が、30日に行われ、穴井隆将(学校法人天理大学職員)が銅メダルを獲得した。
 4月に行われた全日本選抜体重別と全日本を制し国内2冠を達成した穴井は、3冠をかけ、初出場ながら「優勝しか満足できない」と今大会に臨んだ。

 2回戦から登場した穴井は、I.ツィレキゼ(グルジア)に上四方固、3回戦のC.マレ(フランス)に払い腰で順当に一本勝ち。
 しかし、続く準々決勝では、伏兵E.ガシモフ(アゼルバイジャン)に一瞬の隙を突かれ、強引に大外刈りに行ったところ、返し技の隅落としでまさかの一本負け。穴井は、予想外の敗戦に呆気にとられたような表情を浮かべた。
 
 これで敗者復活戦に回った穴井は、しっかりと気持ちを切り替え、J.ボロダフコ(ラトビア)に大外刈で一本勝ち。3位決定戦では、A.ブロシェンコ(ウクライナ)を終始圧倒し、最後は大外返しで見事な一本を奪って銅メダルを獲得した。

 思わぬ伏兵につまづいた穴井だったが、敗れた対戦以外は4回すべて一本勝ちで内容もよく、天理柔道の神髄を見せてくれた。次の試合でのリベンジに期待したい。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ