天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天理大学、天理中学校連携プログラム「英語劇発表会」
 【国際文化学部】

天理大学、天理中学校連携プログラム「英語劇発表会」

 2007年11月13日、天理中学校で英語教科書に登場する狂言、 "A Pot of Poison" (毒の入った壺) を英語で演じる「英語劇発表会」が開催された。2年生5学級の各クラスから代表1チーム(3~4名)があらかじめ選出され、この日の本番に向けて早朝練習などで演技を磨いた。講堂の舞台での演技を約200名の同級生の聴衆が見守る中、各チームとものりのり英語劇を演じた。
 単に発表するだけでなく、天理大学英米語コース木下民生准教授と天理中学校英語科教員による審査により、最優秀団体賞をはじめ各登場人物の最優秀個人賞など計10もの賞が用意されたため各代表チームとも力の入った演技を披露し、会場を沸かせた。
 その後、英米語コース4年次生による同劇の模範演技と発音指導が行われ、海外留学経験者である大学生の本格的な発音と演技に会場は大いに盛り上がった。
 今回で2度目を迎えた大学・中学連携プログラム。前回は、今年2月に木下民生准教授の講演と天理大学の海外留学生を交えた英語交流会が開催され、好評を博した。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ