天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 最新の台湾語辞典『東方台湾語辞典』を刊行し、公開研究会で講演!
 【国際文化学部】

最新の台湾語辞典『東方台湾語辞典』を刊行し、公開研究会で講演!

 本学国際文化学部アジア学科中国語コースの村上嘉英教授は、本年3月、台湾のおよそ4分の3にあたる人が母語とする台湾語の最新辞典を刊行。そして、このたび、中国文化研究会の公開研究会で、台日・日台辞典の歩みについて講演する。 講演要旨は以下の通り。


天理大学中国文化研究会が2007年度第1回公開研究会

「台日・日台辞典の歩み —日本台湾統治時期から『東方台湾語辞典』刊行まで— 」
 天理大学国際文化学部アジア学科中国語コース  村上 嘉英 教授

☆講演要旨
 台湾語は、台湾の人口のおよそ4分の3が母語とする言語。その日常語を網羅した『東方台湾語辞典』(村上嘉英編著)が、この度、東方書店から刊行された。近年、台湾ではアイデンティティーの高まりから母語の復権が急速に進んできているが、こうした時期における台湾語辞典刊行の意義を、日本台湾統治時期に編纂された7種の台湾語辞典を顧みながら述べる。

☆講師プロフィール
 村上 嘉英(むらかみ よしひで)
 1939年愛知県生まれ。1962年天理大学中国語学科卒。
 台湾大学中国文学研究所碩士課程、中国文化大学専任講師を経て、天理大学教授。
 中国語学・中国方言学専攻。
 主な著書に、『エクスプレス台湾語』(白水社。1995)など。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ