天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 社会貢献への人材養成課程として、本学独自の「矯正・保護支援課程」を
    4月より開設する。
 

社会貢献への人材養成課程として、本学独自の「矯正・保護支援課程」を
4月より開設する。

 本学では4月から、本学独自の人材養成課程として、『矯正・保護支援課程』を開設する。これは、教誨師、保護司、民生・児童委員など犯罪者の改善更生や社会復帰への支援、地域住民への福祉増進活動などに携わる人材の育成をめざすもの。
 近年、犯罪や非行が増加するなか、地域社会において、その防止に向けたセーフティー・ネットワーク構築のための人材、また、犯罪や非行の低年齢化、凶悪化、複雑多様化という現実に対応するため、宗教学、心理学、社会福祉学など司法福祉や地域福祉に関する専門知識を備えた人材の育成が急務とされている。
 こうした社会の要請に応え、「陽気ぐらし」世界の実現に寄与する人材育成を建学の精神とする本学において、将来、矯正・保護支援活動をとおして「他者への献身」を行い、天理スピリットが発揮できる有為な人材育成に取り組み、天理教の福祉活動と協働のもと、地域社会に貢献するというのが課程設置の趣旨である。
 開講科目は『矯正概論』『更生保護論』『矯正保護教育(施設参観を含む)』『犯罪心理学』『矯正保護支援実践論』『現代家族論』『犯罪被害者支援論』の7科目で、受講者は矯正・更生保護の概念、歴史、関係法規をはじめ、犯罪にいたる心理的要因や社会復帰に向けた支援活動実践論などを学ぶ。
 課程は、人間存在を根元的な深みから考察する宗教学科と、司法福祉および地域福祉の専門性を有する人間関係学科を擁する人間学部に設置するが、全学にも開放され、また、広く一般にも開放される(科目等履修生として受講可能)。さらに、定められた科目単位を修得した者には修了証書が授与される。
 同課程や科目等履修生についての問い合わせは、教務部(0743-63-8166)まで。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ