天理大学

  1. HOME
  2. 後援会
  3. 会則
後援会

会則

天理大学後援会会則

第 1 条 本会は天理大学後援会といい、その事務所を天理大学内に置く。

第 2 条 本会は本学学生の保証人の立場において本学の教育方針に協力し、その健全な発達を後援することを目的とする。

第 3 条 本会は前条の目的を達成するために、つぎの事業を行う。
(1)学校の運営に必要な施設の援助
(2)学校教職員の研究の助成
(3)学生諸団体の育成補助
(4)学生の進学ならびに職業指導と就職斡旋
(5)その他本会の目的を達成するために必要な事業

第 4 条 本会はつぎの会員で組織する。
(1)正 会 員   学生の保証人
(2)特別会員   本会の趣旨に賛同するもの

第 5 条 本会の役員とその任務は、つぎのとおりである。
(1)会  長  1 名  本会を代表して会務を処理する
(2)副 会 長  若干名  会長を補佐し会長事故あるときは、その職務を代行する
(3)理  事  若干名  理事会を構成する
(4)監  事  2 名  本会会計の監査を総会に報告する
(5)顧  問  若干名  本会の一切の諮問に答えるとともに総ての会議に出席して意見を述べることができる
(6)参  与  若干名  会務に参与する
第 6 条 本会役員の選出は、つぎのとおりである。
(1)会  長  理事の互選とする
(2)副 会 長  理事の互選とする
(3)理  事  総会で正会員中から選出する
(4)監  事  理事の互選とする
(5)顧  問  学長、副学長および前会長を推す
(6)参  与  顧問の推薦で教職員中より会長が委嘱する
2.役員の任期は一ヵ年とする。ただし、重任を妨げない。
第 7 条 理事会の指示によって、庶務会計を処理する幹事若干名を、会長が委嘱する。

第 8 条 本会の会議は、つぎのとおりである。
(1)総  会  毎年1回開催して、会務の報告、役員の選任、予算の審議をする。ただし、必要ある場合は会長が理事会に諮って臨時総会を開催することができる。
(2)理 事 会  随時開催して本会の事業について立案計画し、その運営にあたる。
第 9 条 総会および理事会は、会長が招集する。

第10条 本会の経費は、会費ならびに寄付金をもってこれに充当する。

第11条 会費は年額3万円、納期は別に定める。ただし、兄弟姉妹が2人以上在学する場合は、新たに入学した者1名は全額、他は半額納付する。
2.会費の徴収は、天理大学に委託する。
第12条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

第13条 本会に必要な細則は、理事会の議を経て会長が定める。

第14条 本会則は理事会で協議のうえ、総会の議決によって変更することができる。

付  則
1.この会則は、昭和25年4月から施行する。
2.
~  ——略——
14.
15.第5条の改正規定は、平成23年5月29日から施行する。
このページの先頭へ