天理大学

附属おやさと研究所

公開教学講座

「本研究所は、1995年6月25日、開所50周年を記念して「公開教学講座」を開催しました。以来、この「講座」を毎年実施し、今日に至っています。
講師による講演後は、会場からの質問に答える双方向の議論を基本に置いています。研究所員が中心となって講師を担当し、天理教の教えをわかりやすく解説したり、天理教が現代社会とどのように関わっていったらよいのかなどを考えながら、参加者と共に教えへの理解を深め実践に結びつくよう心掛けています。これまでは「みかぐらうた」の世界を紐解いたり、『稿本 天理教教祖逸話篇』から信仰のあり方を多面的に学んだり、あるいは家族問題や環境問題を通して教えに基づく生き方のヒントを考えてきました。」

2015年度「天理教と現代社会の生死観」

世界が大きく激動している今日、私たちの生活様式も次第に変化し、多様な価値観が生まれています。それらの価値観は、しばしば「我さえ良くば、今さえ良くば」の風潮を拡大・助長する可能性もはらんでいますが、こうした社会の動きの中で、人びとは確かなこころの拠り所を求めています。今回の講座では、生命の誕生から死にいたるまでの私たちの人生の節目に焦点をあてながら、天理教の教えに基づく現代社会の生死観について理解を深め、今ここに生きていることの意味を考えたいと思います。
このページの先頭へ