天理大学

附属おやさと研究所

公開教学講座

「本研究所は、1995年6月25日、開所50周年を記念して「公開教学講座」を開催しました。以来、この「講座」を毎年実施し、今日に至っています。
講師による講演後は、会場からの質問に答える双方向の議論を基本に置いています。研究所員が中心となって講師を担当し、天理教の教えをわかりやすく解説したり、天理教が現代社会とどのように関わっていったらよいのかなどを考えながら、参加者と共に教えへの理解を深め実践に結びつくよう心掛けています。これまでは「みかぐらうた」の世界を紐解いたり、『稿本 天理教教祖逸話篇』から信仰のあり方を多面的に学んだり、あるいは家族問題や環境問題を通して教えに基づく生き方のヒントを考えてきました。」

2016年度「現代の事情に対する天理教の思案 —教えと実践、天理教学からの視点—」

 おやさと研究所は、天理教学研究の一翼を担う上からも、現代社会の諸問題に対する実践教学的取り組 みを行う使命があります。今日、私たちの生きるこの世界においては様々な問題が起きており、それらは まさに「現代の事情」として捉えることができるでしょう。これらは社会全体の課題として取り組まなけ ればならない “ 事情 ” であると同時に、お道の教理からもそうした課題にしっかりと向き合い、思案してい くことが求められます。
そこで、平成 28 年度の公開教学講座のテーマは「現代の事情に対する天理教の思案—教えと実践、天理 教学からの視点」とし、各研究員が専門的な視座と信仰の立場から、このテーマのそれぞれの問題につい て考えてまいります。
皆さまのご来聴を心よりお待ちしております。 

このページの先頭へ