天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 情報ライブラリー
  4. 資料の調べ方について
情報ライブラリー

資料の調べ方について

TAF Searchで調べてみよう

TAF Searchは、さまざまなデータベースから学術情報を一度に検索することができるディスカバリーサービスです。わからないことに出会ったら、まずはTAF Searchで検索をしてみましょう。信頼できる情報源から、確かな情報を得ることができます。TAF Search=Tenri Academic information library First Searchの略。

TEA-OPACで調べてみよう

TEA-OPACは、情報ライブラリーや研究室に所蔵がある資料を検索できるシステムです。My Libraryでは、貸出中の資料に予約をかけたり、自身が借りた資料の履歴を確認することができます。タブを切り替えることで、他大学や国立国会図書館などの資料を検索することもできます。TEA-OPAC=TEnri univercity Academic Online Public Access Catalogの略。

天理大学のリポジトリで調べてみよう

天理大学で発行された紀要の論文データベースです。公開論文のほか、著者が使用した参考資料なども知ることができます。論文の文体や構成なども、レポートや卒業論文を作成する際の参考になります。

天理大学内で資料が見つからないときは

1.データベースや公共図書館も探してみよう

大学が契約し利用できるデータベースの中には、TAF Searchで検索できないデータベースや電子ブックもあります。
Web版 データベース」や「電子ブック」から探してみましょう。
また、情報ライブラリーに所蔵していない資料が、近くの公共図書館にあるかもしれません。公共図書館のホームページやOPACを調べたり、直接訪問して資料を探すことも大切です。

近隣の公共図書館

国立国会図書館

国立国会図書館のサイトです。図書の検索だけでなく、リサーチナビなどさまざまな調べ方の案内や、世界各地域の情報を調べることもできます。また、関西館で利用者登録すれば、貸出やILLなどさまざまなサービスも利用可能になります。

奈良県立図書情報館

奈良県立図書情報館のサイトです。図書情報館の所蔵資料が検索できます。県内の図書館資料の横断検索や、電子化された公文書や古文書、古絵図などを検索できる「まほろばデジタルライブラリー」もあります。

天理市立図書館

天理市の図書館です。天理大学に通っている学生は「図書館利用カード」の作成が可能です。
利用案内を確認のうえ、必要な書類を持参して天理市立図書館のカウンターにて申し込みます。

OPACはこちら。

奈良文化財研究所

奈良文化財研究所は、文化財を総合的に研究するための機関です。奈良県を中心に、数多くの文化財の情報を調べることができます。

大阪府立図書館

豊富な蔵書を利用できるほか、サイトも中央図書館(東大阪市)、中ノ島図書館(大阪市北区)それぞれの特色を活かした調べ方やデータのコンテンツを持っています。

大阪市立図書館

大阪市立図書館は市立の図書館としては有数の蔵書数を誇り、国内在住の方であれば誰でも利用できます。さまざまな調べ方案内のほか、利用者登録をすれば、ご自宅からも電子書籍を利用することも可能です。

その他便利なサイト

調べ方、総合

リサーチ・ナビ

調べ方に困った時に便利なサイトです。国立国会図書館の職員が調べものに有用であると判断した図書館資料、ウェブサイト、各種データベース、関係機関情報を、特定のテーマ、資料群別に紹介するものです。こんな分野について調べたいけど調べ方が判らない、というときは、まずここを参考にしてみましょう。

レファレンス協同データベース

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。

CiNii(NII学術情報ナビゲータ-サイニィ)

国立情報学研究所が運営する、多くの学協会、大学や大学図書館、国立国会図書館、などと連携した学術情報の一大データベース。
論文、図書・雑誌や博士論文などの学術情報で検索可能です。

日本の論文をさがす場合は- CiNii Articles
大学図書館の本をさがす場合は- CiNii Books
日本の博士論文をさがす場合は- CiNii Dissertations

J-STAGE

JST(独立行政法人科学技術振興機構)が提供する、科学技術情報発信・流通総合システム。日本の学協会や研究機関の2,000誌以上のジャーナルや会議録などの学術的な出版物を公開。
無料一般公開されている論文については、閲覧・複写可能です。

ジャーナル一覧はこちら:J-STAGEの各種統計データ

国立国会図書館サーチ(NDL Search)

国立国会図書館のみならず、全国の図書館や学術研究機関等が提供する蔵書やデジタルコンテンツを一度に検索することができます。

国立国会図書館デジタルコレクション

国立国会図書館がデジタル化した資料のデータベースです。自宅などからでも閲覧可能ですが、情報ライブラリーの指定端末でしか閲覧できないものや、国会図書館内(関西館でも可能)でしか閲覧できないものもあります。

学術機関リポジトリデータベース(IRDB)

IRDB(学術機関リポジトリデータベース : Institutional Repositories DataBase)は、日本国内の学術機関リポジトリのデータを収集し、提供しています。様々な大学の研究成果の検索が可能で、天理大学のリポジトリのコンテンツも提供されています。


科学研究費助成事業データベース

科学研究費助成事業データベースは、科学研究費助成事業により行われた研究を収録したデータベースです。国内の様々な分野の最新の研究について調べることもできます。

インターネット資料収集保存事業(WARP)

国立国会図書館が、国や地方自治体など公的機関のウェブサイトを網羅的に収集する「制度収集」により、収集、保存を行っているウェブサイトのデータベースです。今では見ることのできなくなったサイトも見ることができる場合があります。
世界のウェブアーカイブへのリンク集も便利です。

カーリル 日本最大の図書館蔵書検索サイト

全国7000以上の図書館・図書室を横断検索できるサービスです。
どこにあるか、だけでなく、貸出状況も簡単に調べることができる便利なサイトです。


教育、社会学、統計など

文部科学省ホームページ

文部科学省のホームページ。
学習指導要領「生きる力」 学習指導要領データベース
なども利用可能です。

政府統計の総合窓口(e-Stat)

e-Statは、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトです。地域、分野、行政組織など、様々な項目から統計データを調べることができます。

電子政府の総合窓口(e-Gov)

行政機関の組織、構成、行政文書、白書、報告書などを検索できます。官公庁関連のリンクも多数あります。

国立公文書館

国立公文書館は、官公庁など国の機関で作成された膨大な公文書の中から、歴史資料として重要なものを選んで保存し、一般に公開しています。
国の機関が保管する近現代の日本とアジア近隣諸国などとの関係に関する資料をデータベース化した、「アジア歴史資料センター」などもあります。

文学・古典・歴史学・民俗学

国文学論文目録データベース

国文学研究資料館で所蔵している日本国内で発表された雑誌や論文集等に収められた、明治以降の日本文学・日本語学・日本語教育の研究論文に関する情報を掲載している、日本文学研究論文の総合目録データベースです。
本文画像が閲覧可能なものもあります。

新日本古典籍総合データベース

国文学研究資料館が中心となって、国内外の大学など、複数の機関が所蔵する古典籍の情報や、その高精細画像を一度に検索できるポータルサイトです。
テキスト検索や書名検索のほか、画像に付けられたタグや本文テキスト、おすすめキーワードやピックアップコンテンツ、アクセスランキングなど、多彩な検索が可能です。
また、検索結果右の、古典籍の調査に使いやすいように整備された絞り込み機能もあります。

日本古典籍総合目録データベース

『国書総目録』(岩波書店刊)の継承・発展を目指して構築した、日本の古典籍の総合目録です。古典籍に加え、一部、漢籍・明治本の検索も可能です。

全国遺跡報告総覧

奈良文化財研究所のデータベースの一つ。
埋蔵文化財の発掘調査報告書を全文電子化して、インターネット上で検索・閲覧できるようにしたものです。

戦後日本における朝鮮史文献目録 (データベース版)

戦後日本国内で発行された朝鮮史関連の文献情報を検索できます。本を検索する単行本篇と、論文を検索する論文篇があります。

中央研究院漢籍電子文獻

台湾の中央研究院作成の一大漢文データベース。
二十五史を中心に、本文検索も可能な「漢籍全文資料庫」(「免費私用」からご利用ください。)と、
近代の資料を豊富に集めた「近代史數位資料庫」があります。

ジャパンサーチ(試験版)

書籍等分野、文化財分野、メディア芸術分野など、日本国内のさまざまな分野の機関の連携・協力により、国立国会図書館がシステムを運用しているデータベース。試験版ですが、現時点で約20,000,000件の多様なコンテンツのメタデータを、まとめて検索できます。

言語学系

国立国語研究所データベース

国立国語研究所で収集したさまざまな言語資料・音声資料を、コーパスやデータベースとして整備し公開しています。日本語研究のデータベースとして利用可能です。研究目的別や資料種別で調べることも可能です。

言語系学会連合

日本国内の言語学系学会が集まり、設立された連合。加入学会のホームページへリンクが充実。
各学会のサイトの中には、論文の本文が公開されているものもあります。

 

このページの先頭へ