天理大学

体育学研究科体育学専攻(修士課程)

修士論文作成の流れ

①修士論文とは

修士論文は、スポーツ教育分野とスポーツ科学分野にかかわる学修を通じて学んだ知識を生かし、自らが興味・関心をもつ領域での課題を発見し、問題の課題解決の成果として提出する論文のことを言います。

②修士論文作成のための流れ

修士1回生

春学期
「体育・スポーツ学特論」で両分野の専門的知識を学び、全体像を理解します。「スポーツ教育研究法」「スポーツ科学研究法」では両分野の研究法を学び、研究テーマにつながる学習基盤を養います。両分野の専門科目(特論)を組み合わせ、自らの研究テーマにかかわる課題解決力につながる学習を行います。
 
秋学期
両分野に関する演習形式の授業に参加し、自らの興味や関心のあるテーマに絞り込んでゆきます。「体育学特別研究Ⅰ」では、修士論文の作成に必要なリサーチ・クエッチョンに求められる問題提起や仮説の設定、研究デザイン、調査・測定のための具体的な手法について理解します。
 

修士2回生

春学期
「体育学特別研究Ⅱ」では、両分野の各指導教員から修士論文の課題設定、先行研究の検討、フィールドワークの立案や予備実験・調査を行いながら、修士論文を作成していくことを課題に授業を進めます。
 
秋学期
「体育学特別研究Ⅲ」では、両分野の専門的知識を踏まえて「体育学特別研究Ⅰ」「体育学特別研究Ⅱ」で学習した修士論文作成のための発展的知識をもとに、自らの研究成果を論文に作成するための能力を身につけます。また、研究発表に必要なプレゼンテーション能力も磨きます。
 

③修士論文作成のスケジュール

④修士論文の評価

学位論文としては、以下の要件を満たすことが必要となります。

1. 適切な研究テーマを設定していること。
2. 研究テーマに関する基礎的文献や先行研究を広範にわたって検討していること。
3. 研究テーマに対する目的が明らかであり、研究デザインや研究方法が適切であること。
4. 研究テーマや研究知見にオリジナリティ(独自性)があること。
5. 論文に使用する資料や実験データに妥当性があること。
6. 論文の著述内容・著述順序・考察内容に合理性が認められること。
7. 論文の限界把握や反省が適切になされ、以後の研究の発展性が認められること。

⑤合否の判定

合否の判定は、主査1名(所属する専門分野の専任教員)と副査2名(所属する専門分野と専門分野以外の専任教員)から構成する審査委員会で修士論文の審査と口頭諮問を行い、内容の最終審査により研究科委員会で合否の判定を行う。
このページの先頭へ