天理大学

大学院臨床人間学研究科臨床心理学専攻

修了生メッセージ

院生時代に得た臨床観が、心理士として働く支えに。

就職先:山口県・下関病院 心理士(臨床心理士)
十倉 有紀さん 

精神科病院で心理士として働いています。心理検査、個別のカウンセリング、病棟でのカンファレンスが主な業務となります。思えば院生時代、実際にケースを担当する機会を多く持てたことが、私の臨床観の礎を築きました。いくら理論を学んでも、目の前にいる人が困っている場面での体験に勝るものはありません。治療とは何か?問題とは何か?問題を解決することが、患者さんにとってどんな意味を持つのか?そんな命題に向き合いながら、日々業務に携わっています。また、大学院での豊富なカンファレンス体験も、現在のカンファレンスで心理士としての見解や対策を意見する際の支えとなっています。
 

相手の可能性を信じ、寄りそう姿勢が、今に生きています。

勤務先:岡山県・津山みのり学園 発達支援コ一ディネーター
三上 仁志さん


発達障害者やご家族に対する個別相談や教育施設への巡回相談、地域における発達支援の仕組みづくりなどに携わっています。乳幼児期から親子とかかわりを持ち、成長をともに喜び合える素晴らしい仕事です。支援内容は療育や機能訓練が主流ですが、例えば支援に関してご家族の理解を深めていただく際などに心理療法的なアプローチの必要性を感じます。大学院で1対1の心理療法を体験し、またカンファレンスやスーパーヴィジョンによる手厚いサポートで、事例経験を自分の学びにつなげられたことが、現在の仕事に生きています。
この分野で働く心理士はまだ少数ですが、そこに開拓しがいがあります。

このページの先頭へ