天理大学

大学院臨床人間学研究科臨床心理学専攻

卒業生メッセージ

実習機会の幅広さと親身な指導が何よりうれしいです。

就職先 南風会 万葉クリニック
木下友香理さん

他大学から進学しましたが、本大学院には新しい発見と学びが満ちあふれていました。幅広い実習先と多くの実践に出合えたこと、カンファレンスやスーパーヴィジョンなどによる手厚い指導が受けられたことは自分の成長につながっています。心理療法を実践する課程には悩みも多く、地道にこころの作業を続ける努力が必要ですが、アットホームな環境のもと乗り越えることができました。共に学び、悩んだ仲間の存在は、今もこの道を進み続ける支えになっています。

経験を通じて同級生と議論することで視点が深まりました。

進学先 京都府立医科大学大学院博士課程
石田拓也さん

大学院での2年間は臨床に研究にと濃密な時間でした。最近は、心理臨床家に求められる活動の幅がますます広がっていますが、その基本はやはり一対一の心理療法ではないでしょうか。天理大学では、数多くのケースや、カンファレンス、学外スーパーヴィジョンを通して、知的にも経験的にも成長することができました。また、院生研究室では同級生と活発な議論ができ、この経験はいまの臨床活動を支えてくれる大きなものとなっています。

学びと心と向き合い、実践力を養う。

臨床心理学専攻 卒業1期生
萩原 敦子さん

大学院では実際にケースを持つことや病院実習など初めての経験も多いので、自分なりのやり方を求めて試行錯誤していたように思います。また人の心はもちろん、自分の心と向き合うことで、今まで気づけなかったことに気づいたり、視野を広げるチャンスにもなりました。多くのことを学ぶあまり、理解不足の知識もありましたが、実践の場に出ると不思議と活かされることが多いもの。たとえその時はわからなくても、真剣に体験してみることが、後々の学びにつながるのではと思います。

このページの先頭へ