天理大学

キャンパスライフ詳細

図書利用案内

情報ライブラリー

 情報ライブラリーは、授業に必要な資料と情報を提供し、学生への学習援助や先生方への教育支援を担う学習図書館です。杣之内キャンパス8号棟に情報ライブラリー本館、体育学部キャンパス7号棟に体育分室を設けています。

附属天理図書館

 昭和5(1930)年、現在の場所に開館した天理図書館は、日本を代表する図書館として世界に名だたる図書館リストに名を連ね、全世界に向け広く情報を発信しています。約146万冊ある蔵書の内訳は、和漢書と洋書がほぼ3対1の比率で収められ、各分野別に広くコレクションされています。特に文化系資料は、宗教、東洋学、オリエント学、考古学、民俗学、地理学、言語学、外国文学、国文学を網羅し、質量ともに充実。中でも古文書、自筆本、内外の稀覯書、地図にいたっては、本学学生はもちろん全国からの閲覧希望者があとを絶たないほどの充実ぶりを誇ります。
 また、200余件に及ぶ収蔵文庫の中でも、スケール、由緒ともに深いものを特別文庫としています。代表的なものに、「綿屋文庫」(約3万冊)「古義堂文庫」(5千5百点・1万冊)、「吉田文庫」(7千点・1万冊)、さらに、「日本書紀神代巻乾元本」などの国宝・重要文化財も多数収蔵されています。
(国宝/6点 重要文化財/85点 重要美術品/66点)

関連リンク

このページの先頭へ