天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 連続シンポジウム「グリーフケアの可能性」開催 シンポジウム① 子どもの死を考える
 【歴史文化学科考古学・民俗学専攻】

連続シンポジウム「グリーフケアの可能性」開催 シンポジウム① 子どもの死を考える

 2016年9月に、科研費(安井眞奈美 天理大学考古学・民俗学)による以下のような連続シンポジウムを企画しております。参加無料・申し込み不要となっております、どうぞふるってご参加ください。

連続シンポジウム「大切な人を失った哀しみを抱いて——グリーフケアの可能性」

シンポジウム①  子どもの死を考える

9月19日(月)13:30 - 16:30 (13時開場)
会場:東北大学片平さくらホール(仙台市青葉区片平2-1-1)
主催:東北大学宗教学研究室(共催 東北大学文学研究科)
 
趣旨説明:安井 眞奈美(天理大学文学部教授)
基調講演:ヘレン・ブラウン
 「小説“クレオ”から東北の皆さんへのメッセージ」
発表1:佐藤 由佳(With ゆう 代表)
「流産・死産に向き合う」
発表2:李 仁子(東北大学大学院教育学研究科准教授)
 「震災で失った子どもとともに」
コメント:鈴木 岩弓(東北大学大学院文学研究科教授)
ディスカッション

シンポジウム②  グリーフケアを身近に

9月22日(木)13:30 - 16:30 (13時開場)
会場:東京天理ビル9階ホール(東京都千代田区神田錦町1-9)
 
趣旨説明:安井 眞奈美(天理大学文学部教授)
講演1:ヘレン・ブラウン
 「小説“クレオ——ある猫と家族の愛の物語”より」
講演2:島薗 進(上智大学グリーフケア研究所所長)
 「グリーフケアの可能性」
ディスカッション

シンポジウム③  出産の場におけるグリーフケアの可能性

 9月24日(土)13:30 - 17:00 (13時開場)
会場:天理大学杣之内キャンパス 2号棟4階24A教室
 
趣旨説明:安井 眞奈美(天理大学文学部教授)
基調講演:ヘレン・ブラウン
 「子どもを失った哀しみを抱いて」
発表1:遠藤 誠之(大阪大学医学部附属病院胎児診断治療センター副センター長)
 「産科医療の現場より」
発表2:鈴木 由利子(宮城学院女子大学非常勤講師)
 「哀しみに寄り添う」
コメント1:堀内 みどり(天理大学おやさと研究所教授)
コメント2:波平 恵美子(お茶の水女子大学名誉教授)
ディスカッション


シンポジウム全体の主催:平成28年度科学研究費助成事業(基盤研究(B)15H03283)研究課題「地域基幹病院と連携した出産・産後ケアの支援ネットワーク構築のための人類学的試み」(研究代表者・天理大学文学部教授安井眞奈美)

問い合わせ先

天理大学考古学・民俗学研究室
 〒632-8510 奈良県天理市杣之内町1050
 TEL: 0743-63-9035

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ