天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第246回トーク・サンコーカン『ササン朝ペルシアの帝王が狩猟する訳—獅子・豹・猪—』
 【附属天理参考館】

第246回トーク・サンコーカン『ササン朝ペルシアの帝王が狩猟する訳—獅子・豹・猪—』

日時 2016(平成28)年6月25日(土) 午後1時30分から
場所 天理参考館 研修室
講師 巽 善信 天理参考館学芸員

ササン朝ペルシアの帝王は好んで狩猟していました。振り向きざまに矢を射る、いわゆるパルティアンショットも図像に積極的に取り入れたのはササン朝です。それが東方に伝わり正倉院宝物などに見られることはよく知られています。
さて帝王はなぜ狩猟したのでしょうか?単に趣味でしたとは思えません。常に誰かに見られることを意識して、レリーフや銀器にたくさん描いているのです。獲物である獅子などにも意味がありました。その訳を一緒に考えましょう

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ