天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 体育学部体育学科
  4. 体育学部 学部長から皆さんへ
体育学部体育学科

体育学部 学部長から皆さんへ

天理大学体育学部への想い

 天理にやって来て43年になります。大学時代は、田井庄ふるさと寮で合宿生活をしながら体育学部で学びました。高校教員を経て、1987年から天理大学の教員として奉職しています。
 
体育学部の特徴
 ずばり「伝統と実績の保健体育教員養成」「競技力向上」「他者への貢献」「国際貢献の精神」、これらが体育学部の特徴であり目指すべき道であると思っています。実際、多くの保健体育教員を全国に輩出し高い評価をいただいています。また、競技力の面では、オリンピックなどの国際舞台で活躍するアスリートを数多く育成しています。国際的活動としては、世界の22カ国・地域に45大学2機関と協定を結んでおり、スポーツ交流も盛んに行っています。
 
体育学部の精神
 時代とともに校舎や体育館などが新改築され、キャンパスらしい雰囲気を醸し出すようになってきました。学生の皆さんも「学ランを着た硬派」「いつでも体操服」だった以前に比べて、カジュアルな服装が似合う学部生が目立ってきました。しかし、見た目は変わっても体育学部の精神は脈々と受け継がれていると感じています。全国で活躍しているたくさんの卒業生(教員、警察官、公務員、インストラクター、会社員、自営業、プロのスポーツ選手や海外で奮闘しているOBG)がそうであるように、天理体育の精神はいつの間にか皆さんの心身の中で熟成されていきます。学生の皆さん、天理大学体育学部で学んでいることを誇りに思ってください。この誇りは皆さんの人格を高め、他者を思いやる心を育み、そして人生を豊かなものとしてくれるでしょう。私も熟成晩期に足を踏み入れ、天理体育の「味」が少しずつ出てきていると自負しています。
 
このページの先頭へ