天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクト2021報告会を開催
 【生涯教育専攻】

「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクト2021報告会を開催

12月10日、「賃貸のマサキ」(正木商事株式会社・奈良市三条大路5-2-40)と天理大学による「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクト報告会を情報ライブラリーにて実施しました。

2017年からスタートした本プロジェクトは、以前から地方創生推進事業に関心を持ち、地元奈良・天理への地域貢献を考えていた正木商事による提案がきっかけとなり実現したものです。昨年はコロナ禍の影響であえなく中止となりましたが、プロジェクトにかかわる貸主からも「今年こそはぜひ」との後押しもあり、実施する運びとなりました。

本プロジェクトは、キャリア科目「インターンシップ1」の一環として実施。参加学生たちは賃貸のマサキ天理駅前店スタッフのサポートのもと、自らが考えた学生向けの部屋をコーディネートしていきます。4回目を迎えた今回は、貸主のリクエストに応え、2つの部屋を人気ブランド「無印良品」の家具を使って、学生目線でプロデュースすることとなりました。

市内の賃貸住宅の空室が増加している状況を打破するべく、学生たちは7月のキックオフからミーティングを重ね、家具の膨大なカタログに目を通しながら計画を練り、「無印良品の家」の見学なども経て、家具の組み立てから設置までを行い、一部屋30万円以内の予算を守って、お洒落で統一感のあるワンルームを11月に完成させました。報告会では、既に入居者が決まったことが「賃貸のマサキ」より報告され、学生たちの半年に及ぶ取り組みが実りあるものとなったことが確認されました。

今回のプロジェクトには、本学の卒業生で現在、賃貸のマサキ天理駅前店で勤務している松長佳子さん(社会福祉専攻2015年卒 旧姓:乾)もサポートスタッフとして参加。松長さんは報告会で「臨機応変な対応を主体的に行ってくれたこと、また限られた条件のなかで企画・提案をした経験は、今後の糧になるはず」と、後輩たちを労いました。

プロジェクト担当教員 谷口 直子准教授(生涯教育専攻)コメント

消費者とは違った視点で『不動産』に取り組み、自分たちで考えて実行する仕事の本質や難しさを感じることは、学生にとって非常に大きな経験になったと思います。

「賃貸のマサキ天理駅前店」吉田政孝副店長コメント

プロデュースにより物件の価値を上げるという課題をクリアできたことで、早速入居者も決まりました。コロナ禍で大変だったと思いますが、工夫を凝らしながら期日までに走り抜けたことは大変素晴らしいと思います。

参加学生 山本桃子さん(生涯教育2年・阪南大)コメント

オープンキャンパスでこの取り組みを知り、天理大学に入学しました。社会人マナーも学べて貴重な体験となりました。入居者ができたことをとても嬉しく思います。

参加学生 森田菜奈さん(生涯教育2年・香芝)コメント

予算などの制限があるなかで理想の部屋を作るのは難しかったですが、その分やりがいも大きかったと思います。学生目線で考えたとき、収納を増やすなどの工夫に留意しました。そうした点が入居につながったのであれば嬉しいです。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ