天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 橋本 尚子 准教授 著書『心理療法と現代の意識:「非二」という視点からの考察 (箱庭療法学モノグラフ 第12巻)』が出版されました。
 【教職員の新刊案内】

橋本 尚子 准教授 著書『心理療法と現代の意識:「非二」という視点からの考察 (箱庭療法学モノグラフ 第12巻)』が出版されました。

橋本 尚子(著)、2020年10月、創元社、本体4,000円+税

従来の心理療法が通用しにくい現代の来談者ー従来とはどう違ってきているのか。

オーソドックスな心理療法が通用しやすい意識構造を持っている「二」の意識と、現代的意識あるいは発達障害的な意識ともいえる「非二」の意識があることを仮定し、まず「非二」の意識についての治療論を展開する。つづいて、「非二」と「二」のセラピー事例として、子どものプレイセラピーおよび成人の事例を挙げ、それぞれの個別性を考察する。最後に個別的な事例を総合的に検討し、「二の世界」「非二の世界」の普遍性を見出していく。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ