天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 『月刊大和路ならら』2020年8月号より、天理大学文学部歴史文化学科の教員が執筆する連載「新大和人物志」が始まりました。
 【歴史文化学科 歴史学研究コース】

『月刊大和路ならら』2020年8月号より、天理大学文学部歴史文化学科の教員が執筆する連載「新大和人物志」が始まりました。

8月1日発売の『月刊大和路ならら』より、本学歴史文化学科の教員が、奈良県(大和国)の歴史に関わりの深い人物を取り上げる「新大和人物志」の連載が始まりました。第1回は天野忠幸准教授による「柳生宗厳」です。戦国時代を生きた、奈良市東北部の小領主であった柳生宗厳は、後に徳川将軍家の兵法となった「新陰流」の祖として知られています。その「新陰流」の創設には、大和に攻め入ってきた松永久秀やその家臣との出会いがありました。
 本学教員の研究の一端をお楽しみください。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ