ブックタイトルはばたき第31号

ページ
8/20

このページは はばたき第31号 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

はばたき第31号

国際学部外国語学科英米語専攻書館の資料を活用するこでは、大学で英語を学かり身に付けてほしい。対数が少ないが、天理図も事足りるかもしれない。や、深い専門知識をしっは、迫害の影響からか絶たことは、英会話学校で語を通して論理的な思考「きりしたん」の資料上の情報を読めるといっ語を学ぶのではなく、英東馬場郁生教授●プロフィールひがしばば・いくお岡山県出身。1983年に天理大学外国語学部英米学科を卒業。1987年にシカゴ大学大学院宗教学科(修士課程)を修了後、さらにバークレー神学校連合大学院宗教学科(博士課程)を1997年に修了(PhD)。天理教海外部翻訳課、天理教校本科、学校法人天理大学での勤務を経て、2009年より現職。天理図書館の貴重な資料会話や、インターネット生の皆さんには、単に英んだ。語学の習得といっても、実に世界が広がる。在学りしたん」研究に取り組たしている。英語を身に付ければ確(GTU)に進学し、「き英語力は重要な役割を果なってくる。クレー神学校連合大学院較宗教学」の知識習得に、ならず、理解自体も異うになった。その後、バーのとも思われるが、「比では、研究の効率性のみとを知り、関心を持つよ英語は一見関係のないも直接その情報に触れるのる資料が多く存在するこ「きりしたん」研究とを使用するのと、英語でに「きりしたん」に関す大学で英語を学ぶ意義も、一度翻訳された資料学。帰国後、天理図書館したい。について研究するにしてシカゴ大学修士課程に進だ天理図書館に深く感謝かならない。あるテーマエリアーデにあこがれて、う精密な複製に取り組んや知識を蓄えることにほんでいる。日本のキリスてとらえたいと取り組んは、日本語をまだ十分習名な宗教学者ミルチャ・た、資料を活用できるよ可分な思想、感情、文化たん史」の研究に取り組ト教の伝道史を通史としルらヨーロッパ人宣教師理教海外部に在任中、著正善天理教二代真柱、まぶことは、英語と密接不事例研究として「きりし受容者の立場からキリス師フランシスコ・ザビエ語を学んだ。卒業後、天行った本学の創設者中山り、また、英語を深く学は、「比較宗教学」。そのにとらえられているが、られがちだ。しかし伝道天理大学在学中には英るように早くから収集をな構造を持った言語であ執っているが、研究分野の布教者の立場から個別着化したものともとらえ英語から宗教学へ貴重な資料を後世に伝えろうか。英語は、論理的英米語専攻で教鞭をリックやプロテスタントザビエルの教えが単に土伝道史が見えてくる。の至宝」展が開催される。ぶ意義はどこにあるのだ研究課題は「きりしたん」ト教伝道史は、通常カトでいる。「きりしたん」は、とで、新たなキリスト教叢書刊行記念「古典籍記録を洗い出していくこ書館で新天理図書館善本日本人との接点に関する4月23日からは天理図論大理学的でな英思語考をも学身ぶにの付なけらよういる。このような当時のできる。人々に伝えたと言われて貴重な資料を研究に活用ある「大日」と翻訳して密な複製本があるため、リストを大日如来の略でルだけでなく、多数の精研究室訪問ンジローは、イエス・キえる。さらに、オリジナ得しておらず、通訳のアとで、体系的な研究を行博士課程時代の恩師ヒラリー・マーティン氏とともに8