ブックタイトルはばたき第31号

ページ
3/20

このページは はばたき第31号 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

はばたき第31号

5月27日(水)記念講演会「ドイツ統一25周年の意義について」開催時間開催場所午前10時45分~12時15分天理大学9号棟(ふるさと会館)を予定講師在神戸・大阪ドイツ連邦共和国副総領事フロリアン・イエーガー氏【共催:国際学部、天理大学EU研究会】6月14日(日)「未来に求められる人間力」─天理大学人間学部これからの10年─プレイベント「『人間力』を深める─天理ホイールチェアスポーツフェス」開催趣旨開催時間開催場所参加者入場料対象者人間学部と一般社団法人Wheelchair Football Japanが中心となって、体育学部の協力のもと、各種車いすスポーツをはじめとした障がい者スポーツ団体を集めたイベントを開催する。午前10時~午後4時天理大学杣之内第1体育館車いすアメフトを含めて、7団体が参加無料天理大学生・教職員、天理市市民など【主催:人間学部】●経験豊富な講師陣による1日3時間×10日間の授業●学部授業への参加●興味のある文化・スポーツクラブへの参加●日本文化に触れる文化体験(茶道・着物着付け)●日本の「古」に触れる企画(天理、明日香村、奈良、京都)●日本の「今」を楽しむ企画(USJ、マンガ・コスプレ)【主催:天理大学】7月12日(日)韓国外国語大学音楽グループと本学雅楽部との記念公演「日韓音楽交流会」37月8日(水)~20日(月・祝)「90周年記念夏期日本語講座」~古きを学び、新しきに触れる~開催趣旨本学の姉妹校である韓国外国語大学より韓国の伝統音楽を愛好する学生を招き、本学雅楽部学生と創立90周年記念公演を行う。同大学とは1963年に学術交流協定を締結して以来、50年を超す交流の歴史を持つ。また、日ごろ日韓文化交流に尽力されている方々をお招きして、講演ならびに演奏をしていただく。開催時間午後2時~4時開催場所天理大学9号棟(ふるさと会館)出演者天理大学雅楽部、韓国外国語大学サムルノリ演奏団、駐大阪韓国文化院講演千葉科学大学大澤文護教授「韓国の伝統文化を通して見る日韓文化交流─伝統舞踊」入場料無料対象者天理大学生・教職員、天理市市民など【主催:天理大学】体育学部創立60周年・大学院体育学研究科設置記念行事教育フォーラム「天理の体育教育の伝統と未来」開催時間午後1時開演、午後4時終了予定場所天理大学9号棟(ふるさと会館)対象一般公開、無料内容○第一部午後1時開始●「天理の体育史」体育学部教授・大学院研究科長近藤雄二●「現場からの報告」1森島伸晃先生(奈良県立桜井高校教諭前野球部監督・顧問)2中村真理先生(日本ホッケー協会強化コーチ)○第二部午後2時10分開始●「大学院設置の理念」体育学部教授中谷敏昭●4月25日(土)特別講演「これからの体育・スポーツを考えるために」早稲田大学スポーツ科学学術院長・スポーツ科学部長・質疑応答5月9日(土)、17日(日)、23日(土)創立90周年記念文学部公開講座【春】「ことばと文学」申し込み不要会場先着順[定員100名]開催時間午後1時30分~午後3時会場奈良県経済倶楽部(ひがしむき商店街経済会館5階大会議室)入場料無料友添秀則先生◇第1回5月9日(土)テーマ比喩から見る心講師国文学国語学科教授浜田秀要旨喜びがわいてくる──何気ないこのような日常の表現にも、実は比喩が隠されています。比喩の分析を通して、普段は意識されない私たちのものの見方を明らかにしていきます。◇第2回5月17日(日)テーマ日本近代文学における病いの表現─結核をめぐるイメージとドラマ─講師国文学国語学科教授北川扶生子要旨「亡国病」と恐れられた結核は、私たちの文化をどのように変え、どんなドラマを創り出したのでしょうか。文豪の珠玉作から現代のベストセラーまで、病気の物語化を考えます。◇第3回5月23日(土)テーマ柿本人麻呂─人麻呂歌集歌を読む─講師国文学国語学科教授川島二郎要旨【主催:体育学部】人麻呂歌集には、人麻呂以外の皇子や宮廷人の歌と共に、歌聖と称される人麻呂の青年期の歌が収められている。それらの作品が見せる多様な世界を、読み解いて行きたい。【主催:文学部】