ブックタイトルはばたき第31号

ページ
12/20

このページは はばたき第31号 の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

はばたき第31号

先輩12九本勝巳さんくもと・かつみUNAMメキシコ国立自治大学博士、企業家(外国語学部イスパニア学科1966年卒業)人生の師に出会う私は今、メキシコのメキシコシティーで高級日本食レストラン「Tori Tori(鶏鶏)」を数軒経営しているが、ここに至るまでの道のりは、まさに神様のおぼしめしのままといえる。私は天理大学のイスパニア学科を卒業しているが、これも両親が北海道広尾町の開業医で、一人息子で跡取りのはずが受験に失敗して失意のうちに入学したから、投げやりで目的もなく4年間を過ごしてしまった。だから卒業に際して先の当てもなく、取りあえず外国に行ってスペイン語の勉強でもしようと、つてを探すと、メキシコの天理教の教会長だった高根品子先生を紹介された。まさに私にとっての人生の師との出会いとなった。天理教と演歌に支えられて高根先生は、受け入れてもいいが、私に天理教の勉強をしてから来るようにと条件を付けられた。信仰のある家に生まれ育ったが、それまで自分の中に神の存在の位置付けができていなかった。しかし、修養科と検定講習を受けて、神の存在を確信し、以降私は「天理教と演歌に支えられて」人生を切り開いてきた。演歌については、辛いときには「やるぞと決めた道に終わりはないはずだ」などと、布団の中で口ずさんで心を支えていた。メキシコで歯科医に1966年の10月にメキシコに行ってまず高根先生に言われたのが、国立のメキシコ自治大学(以降UNAM)の歯学部を受験しなさいということ。驚いたが師の言葉に素直に従って、半年の語学特訓の結果合格した。必死の努力の末6年半ほどかけて卒業し、医師の免許も取得して31歳で開業した。しかし半年間一人も患者がこず、何とかしなければと考える中に、日本人学校の校医になってはと思い付き、日本語で診断報告書が書けることで採用された。それが縁で現地の日本の駐在員の方が診察に来られるようになり、診療所も軌道に乗れた。母校で教鞭を執るそうしているころ、母校のUNAMの新しい学校に招かれ、教授として午前は授業を行い、午後は診療を行うことになった。これはとても名誉なことだが、日本人の誇りからも絶対に失敗できないと背水の陣の思いで、私は毎日夜中の1時、2時まで猛勉強した。その中、あることで学長と知り合い、以降の仕事へとつながっていくことになるが、そこで実感したのは、“ここは何が何でもやらないといけない”という気持ちを持つと必ずチャンスが来るということ。つまり、チャンスは誰にでも来るが、そのチャンスをつかめる人は、日々の努力がないとつかめないということである。病院の院長、厚生省の購買部長と出世階段を昇る学長との信頼関係の結果、その後大学の附属病院の院長に就任。さらに必死になってやっていたら、2年後には9ほどある付属病院の総医院長に就任。その後、その学長の厚生省長官就任に伴い、厚生省管轄病院の購買部長に誘われ、43歳で着任した。これらの地位に外国人が任命されるのは異例のことで、よほど上の人に信頼されていないとできないことである。私もこの過程で国籍をメキシコに変えて、メキシコで生きていく覚悟を決めた。企業家へ転身54歳で購買部長を退職して次を考えたとき、過去に戻る人生はないので、ここから何か新しいことを見ないといけないと、料理を食べるのも作るのも好きだというだけで料理の世界へ入ろうと決めた。最初は上手くいかず店の形態も変えてきたが、店の名前の「ToriTori(鶏鶏)」は変えなかった。上手くいくきっかけは、10年ほど前に店のコンセプトを新鮮な寿司を基本に伝統的な日本料理にこだわって出すようになったことと、店のデザイン、雰囲気を独自なものにしたことから。特に店のデザインについては、日本料理を出す店だとは思えないように、とのコンセプトのもと、一流の建築家と3ヶ月余り練り上げ、独創的なものとした。これが評判を呼び、メキシコの政財界、スポーツ界、芸能界などの一流中の一流が来る店となった。(右写真)後輩へ一言成功までには下り坂もあるが、そこでだめだと思うのではなく、“必ずお前だったらできる、今までもやってきた。だから、これがだめになることはない”と、自分に自信を持つことが大事である。そう決心して努力すると、自然と先が見えてくる。失敗もするけれど、成功することもあると考え、絶対に諦めたらだめ。また、大学という所は、人間の土台を作る所で、白紙の状態に絵を描かないといけないときである。そして、どういう絵を描くかは自分自身が決めていかないといけないものである。本学卒業後メキシコに渡り、努力の末歯科医に。その後、大学の歯学部教授、大学附属病院の総医院長、そして、厚生省の官僚からメキシコシティーで高級日本食レストラン「Tori Tori(鶏鶏)」を経営する企業家へと、メキシコで大いに活躍される九本さんにその人生を伺った。