ブックタイトルはばたき第31号

ページ
10/20

このページは はばたき第31号 の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

はばたき第31号

岸本隆平主将(体育4・山崎)年秋は、力昨を発揮できず悔しい思いをした。このチームには、常に上を目指す強い一体感があり、1部リーグの開幕を前に士気も高まっている。人に感動を与えるバレーができるよう、一つでも上を目指していきたい。バレーボール部(男子)3年ぶりの1部復帰No. 031感動バレーで上位を目指す1次リーグAブロック日程試合組合せ会場4月12日(日)1龍谷大?天理大近畿大4月18日(土)1姫獨大?天理大関学大4月19日(日)3近畿大?天理大関学大4月25日(土)2関学大?天理大関学大4月26日(日)2立命館?天理大関学大2次リーグ上位リーグ下位リーグ日程試合組合せ会場試合組合せ会場4月29日(水・祝)5月9日(土)5月10日(日)5月16日(土)5月17日(日)1 A2位?B2位1 A5位?B5位2 B1位?A3位近畿大2 B4位?A6位近畿大3 A1位?B3位3 A4位?B6位1 B2位?B3位1 B5位?B6位2 B1位?A2位近畿大2 B4位?A5位龍谷大3 A1位?A3位3 A4位?A6位1 A2位?A3位1 A5位?A6位2 B1位?B3位近畿大2 B4位?B6位龍谷大3 A1位?A3位3 A4位?B5位1 A3位?B3位1 A6位?B6位2 B1位?B2位近畿大2 B4位?B5位龍谷大3 A1位?A2位3 A4位?A5位1B2位?A3位1B5位?A6位2A2位-B3位舞洲アリーナ2A5位-B6位3A1位?B1位3A4位?B4位舞洲アリーナ※第1試合11:00~(4月12日のみ11:00~開会式)第2試合以降追い込みバレーボール部男子の活躍を期待したい。を語ってくれた。ない気持ちで良い戦いができている」と、成長とで、チームの一体感が増してきた。あきらめは、「4年次生が積極的にチームを牽引するこ東の強豪校と練習試合を重ねた。浅川敏コーチ開幕を前にした春合宿では、中国、中部、関のしつこさが一層増してきた。動域を広げるトレーニングにも取り組み、球際ベルを目指すために、股関節や肩甲骨などの可昨年11月に新体制になってから、より高いレに入ること。ーグで上位6位に入り、2次リーグで4位以内2015年春季リーグの目標は、まず1次リなった。グのチーム数が増えたため1部リーグに復帰と年春季リーグから、リーグ改革により1部リーが人も多く4位に終わった。しかし、2015では、2部優勝を目指して強化を図ったが、けたすことができなかった。さらに、秋季リーグとの入れ替え戦に負け、惜しくも1部復帰を果2014年春季リーグでは、1部7位の大産大て以来、1部復帰を目標に強化を図ってきたが、男子。2012年の春季リーグで2部に降格し21部リーグに復帰したバレーボール部015年の春季リーグより、3年ぶりに「ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ創作ダンス部2015」に3人が出場第10回単独公演「one and only」表現力豊かなダンスに万雷の拍手ラツ・ジョシュア・ツブナベレ・ボサ・ケレビ(国際3)代表に選ばれることは夢だったので光栄だ。今大会はフィジーが主催する初のラグビー大会で、自国で家族の前でプレーができてうれしかった。日本との対戦では点差がついたが、日本は、あきらめることなくガッツを持って戦った。賞賛の拍手をおくりたい。フィリモニ・セルバツ・コロイブニラギ(国際3)今回代表に選ばれ誇りに思う。ワールドカップ出場が目標で、今回の選出で、私の夢に一歩近づいた。天理大学ラグビー部でトレーニングをすることによって、スキルやラグビー能力が向上したことに感謝している。井関信介(体育2・天理)日本では体験できないレベルでラグビーができ、楽しめた。また、フィジーとの一戦では、チームメイトと国を代表して闘えることに誇りを持って挑んだ。大敗し悔しさも味わったが、人生の宝物になった。第10回天理大学創作ダンス部単独公演「one and only」が、2月1日、奈良県文化会館国際ホールで行われた。今回の公演には、部員23人に加え、賛助出演の男子学生4人、同部OG10人と同部以外の本学卒業生のエキストラ2人、同部OGが指導する高校ダンス部員50人の総勢89人が出演した。公演は、各種コンテストで高い評価を受けた作品を含む14作品を披露したが、部員らの高い身体能力に基づく表現力豊かなダンスに、会場は万雷の拍手に包まれた。(上写真)また同部は、2月7日には、中国・韓国・台湾の団体と、国内の選抜20組が出場するダンスの一大イベント「福岡ダンスフリンジフェスティバル~ダンスの発火点~」(ぽんプラザホール)に出演した。単独公演でも披露した、「自分の身体の固定概念を壊して最大に使う」というコンセプトの長編作品「ヴァンダリズム」を披露し、出演作品中2作品のみに与えられる観客賞を受賞し、高い評価を得た。10