天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天理大学雅楽部出演の「なら国際映画祭『二階堂家物語』」がプレミア上映
 【お知らせ】

天理大学雅楽部出演の「なら国際映画祭『二階堂家物語』」がプレミア上映

なら国際映画祭がプロデュースする映画制作プロジェクト「NARAtive2018」として制作された『二階堂家物語』は、なら国際映画祭2016でゴールデンSHIKA賞を受賞したイラン出身のアイダ・パナハンデ監督(第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で「期待すべき新人賞」を受賞)がメガホンを取った作品で、舞台となる奈良・天理市で昨年9月から撮影が行われました。

九十年余の歴史を誇る天理大学一号棟も撮影場所として選ばれ、天理大学生がエキストラとして多数出演。また作中では、天理大学雅楽部が雅楽の演奏、舞楽を披露し制作協力を行いました。

なお9月29日には、天理市やまのべホールで特別試写会として、『二階堂家物語』と、そのメイキング短編映画『ペルシャからの風』(作中音楽には天理大学雅楽部の演奏楽曲を使用)が上映され、ゲストとして、アイダ・パナハンデ監督、主演の加藤雅也さん、エグゼクティブ・プロデューサーの河瀬直美さんが登壇する予定です。

アイダ・パナハンデ監督コメント

撮影に際して、様々な面で協力していただいたこと、感謝の気持ちを言葉にできないと思っています。ありがとうございます。撮影に使わせていただいた天理大学の一号棟は、歴史があり、それでいて魅力的な建物だったので、ここで撮影したいと思いました。
また、作品の中でも使用させてもらった雅楽ですが、こちらも伝統的な音楽で、私はこの音色を聴いたとき、不思議と懐かしさを感じ、とてもリラックスしました。天理大学の雅楽部の皆さんには、演奏、出演も含めて協力していただき、本当に感謝しています。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ