天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 2016年度 卒業証書・学位記授与式および大学院学位記授与式を挙行
 【キャンパスライフ】

2016年度 卒業証書・学位記授与式および大学院学位記授与式を挙行

2016年度 天理大学卒業証書・学位記授与式 大学院学位記授与式が、3月22日、本学杣之内第一体育館で、天理教表統領はじめ来賓の出席をいただき挙行され、学部卒業生747人、大学院修了生16人が学び舎を巣立った。 
式典は各学部卒業生と大学院各研究科修了生の代表者それぞれに、永尾教昭学長より卒業証書・学位記が授与された。続いて伝道課程、矯正・保護支援課程、日本語教員養成課程の各修了生の代表者に修了証書が授与された。また、課外教育活動を通して校名発揚に寄与した卒業生の代表者に学長顕彰が贈られた。

式辞で、永尾学長は「決して後悔することを恐れず、時には方向転換する勇気を持って走りながら考え、考えながら走って下さい。本学で修めた業を糧として、天理大学卒業生であることを胸にたたえ自らの人生を切り拓いていってほしい」と卒業生にはなむけの言葉を贈った。
なお、2015年4月に新設した大学院体育学研究科は、第1期生8人の修了生を送り出した。 

卒業生ひと言

  • いろんな出会いやいろんな学びがあった、本当に充実した4年間だった。(人間学部) 
  • 4年間、課外活動を含めていろいろな活動ができ、すごく充実した大学生活だった。「天理大学の卒業生は素晴らしい」と言ってもらえるように頑張りたい。(人間学部)
  • 天理大学に入学して教員になるという小学生からの夢を叶えることができた。4月から高校の教員として勤める。(文学部)
  • 留学もできてすごく充実した4年間だった。卒業後は海外で勤めたいと考えている。いろいろ友だちもでき、いろんなことも勉強できて本当に良かった。(国際学部 
  • 天理大学は留学制度がすごく良く、特に3年生の時に韓国に留学したことが一番良かった。卒業後は大学で学んだ韓国語を使う仕事に就く。天理大学の4年間はすごく短く楽しかった。(国際学部)
  • 部活動と勉強の両立ができ、たいへん充実した4年間だった。特に部活動では、入学当初からレギュラーで試合に出場し結果も残せて良かった。卒業後は中学校の体育の教員として勤務する予定。(体育学部)
  • 入学当初は1期生ということで、悩む日もあったが、先生方に支えていただき、また仲間たちと悩み考え抜いた2年間の結果、無事に修了することができた。特に学会発表などは貴重な体験だった。4月から小学校の教員として、大学院で学んだことを生かし頑張っていきたい。(大学院体育学研究科)

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ