天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験で高い合格率
 【社会福祉専攻】

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験で高い合格率

2017年3月に発表された社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験合格発表において、天理大学 人間学部 社会福祉専攻は非常に高い合格率となりました。
 
① 第29回 社会福祉士国家試験で天理大学4年生の合格率 68.4%(全国平均合格率25.8%)
② 第19回 精神保健福祉士国家試験で天理大学4年生の合格率 100%(全国平均合格率62%)
 

充実したサポート体制

社会福祉専攻では国家試験において、常に全国平均を常に上回り、近畿圏の大学ではトップクラスの好成績を残しています。
 
社会福祉専攻では、正規の授業とは別に専任教員による国家試験対策を無料で実施します。これは多くの大学が有料で学外のスクールなどに委託をする中では、ユニークな形態をとっていると言えます。また、国家試験の受験や合格後の手続きなどについても、学内のキャリア支援課などが万全のサポートをしています。
 
国家試験合格率の高さを維持できる理由としては、天理大学の特長である「少人数教育」が根本にあります。例えば,社会福祉専攻では
・1学年定員が30名。
・3年生で配属されるゼミナールは、平均6名という学習環境。
・本学で提供される専門科目の多くを専任教員で担当しているため、4年間を通じてあらゆる分野の国家試験科目の学習や研究活動のバックアップが可能。
 
このような環境の中で、学生たちがお互いに刺激し協力し合って国家試験の勉強に取り組んでいます。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ